DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2016年01月29日

Csa2, a member of the Rbt5 protein family, is involved in the utilization of iron from human hemoglobin during Candida albicans hyphal growth

いるかです。

Okamoto-Shibayama K, Kikuchi Y, Kokubu E, Sato Y, Ishihara K.
Csa2, a member of the Rbt5 protein family, is involved in the utilization of iron from human hemoglobin during Candida albicans hyphal growth.
FEMS Yeast Res. 2014 Jun;14(4):674-7.
doi: 10.1111/1567-1364.12160

http://www.oxfordjournals.org/en/access-purchase/rights-and-permissions.html

著者版原稿を提供していただきました。(2015.08.19)

http://www.oxfordjournals.org/en/access-purchase/rights-and-permissions/self-archiving-policyb.html

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3926

登録しました。(2016.01.29)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

Intraoperative Blood Loss During Orthognathic Surgery: A Comparison of Remifentanil-Based Anesthesia With Sevoflurane or Isoflurane

いるかです。

J Oral Maxillofac Surg. 2015 Dec;73(12):2294-9. doi: 10.1016/j.joms.2015.03.076. Epub 2015 Apr 14.
Intraoperative Blood Loss During Orthognathic Surgery: A Comparison of Remifentanil-Based Anesthesia With Sevoflurane or Isoflurane.
Wakasugi Y, Matsuura N, Ichinohe T.

エンバーゴ期間が設定されています。

https://www.elsevier.com/journals/journal-of-oral-and-maxillofacial-surgery/0278-2391/guide-for-authors#13700

2016年12月頃に登録します。(2016.01.28)
posted by irucaa at 11:59| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Correlations between perceived oral malodor levels and self-reported oral complaints

いるかです。

Correlations between perceived oral malodor levels and self-reported oral complaints
Atsushi Kameyama, Kurumi Ishii, Sachiyo Tomita, Chihiro Tatsuta, Toshiko Sugiyama, Yoichi Ishizuka, Toshiyuki Takahashi, and Masatake Tsunoda
International Journal of Dentistry

http://www.hindawi.com/journals/ijd/aip/343527/

http://www.hindawi.com/journals/ijd/apc/

Creative Commons Attribution Licenseです。

亀山先生より登録許可をいただきました。(2015.07.24)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3925

登録しました。(2016.01.28)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Assignment of Y-chromosomal SNPs found in Japanese population to Y-chromosomal haplogroup tree

いるかです。

J Hum Genet. 2013 Feb 7. doi: 10.1038/jhg.2012.159. [Epub ahead of print]
Assignment of Y-chromosomal SNPs found in Japanese population to
Y-chromosomal haplogroup tree.
Naitoh S, Kasahara-Nonaka I, Minaguchi K, Nambiar P.
PMID: 23389242 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2013.02.25)

http://www.nature.com/authors/policies/license.html
http://www.nature.com/jhg/journal/v58/n4/full/jhg2012159a.html

登録しました。(2016.01.28)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

Effect of Low-intensity Pulsed Ultrasound (LIPUS) with Different Frequency on Bone Defect Healing

いるかです。

Effect of Low-intensity Pulsed Ultrasound (LIPUS) with Different Frequency on Bone Defect Healing
Kazuya Monden, Hodaka Sasaki, Masao Yoshinari, Yasutomo Yajima
Journal of Hard Tissue Biology Vol.24(2015) No.2 p. 189-198

出版社版の登録について学会より下記内容で許諾をいただいております。

http://irucaa.seesaa.net/article/432551499.html

登録しました。(2016.01.27)

http://hdl.handle.net/10130/3921
posted by irucaa at 14:44| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Corrosion Resistance of Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr Alloy in a Fluoride-Containing Solution

いるかです。

Corrosion Resistance of Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr Alloy in a
Fluoride-Containing Solution
Shinji Takemoto et al., 2012, Key Engineering Materials, 529-530, 584

http://www.scientific.net/KEM.529-530.584

著者版原稿を提供していただきました。(2013.01.18)

Copyright Agreement Form
http://www.scientific.net/Downloads/GetTtpFile?name=Copyright%20Transfer%20Agreement.pdf

http://hdl.handle.net/10130/3923

登録しました。(2016.01.27)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Coaggregation of Fusobacterium nucleatum with Prevotella intermedia or Prevotella nigrescens in biofilm formation

いるかです。

Coaggregation of Fusobacterium nucleatum with Prevotella intermedia or Prevotella nigrescens in biofilm formation
Tamaki Okuda1, Eitoyo Kokubu, Tomoko Kawana1, Atsushi Saito Katsuji Okuda, Kazuyuki Ishihara

著者版原稿を提供していただきました。(2011.12.21)

奥田先生ありがとうございました。

http://hdl.handle.net/10130/3922

登録しました。(2016.01.27)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

Prediction formulas for individual opioid analgesic requirements based on genetic polymorphism analyses

いるかです。

Prediction formulas for individual opioid analgesic requirements based on genetic polymorphism analyses.
Yoshida K, Nishizawa D, Ichinomiya T, Ichinohe T, Hayashida M, Fukuda K, Ikeda K.
PLoS One. 2015 Jan 23;10(1):e0116885. doi: 10.1371/journal.pone.0116885. eCollection 2015.

CCライセンスです。

https://www.plos.org/open-access/license/

http://hdl.handle.net/10130/3920

公開しました。(2016.01.25)
posted by irucaa at 16:38| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Transmission of Periodontopathic Bacteria from Natural Teeth to Implants

いるかです。

Transmission of Periodontopathic Bacteria from Natural Teeth to Implants.
Aoki M, Takanashi K, Matsukubo T, Yajima Y, Okuda K, Sato T, Ishihara K.
Clin Implant Dent Relat Res. . [Epub ahead of print]
PMID: 20002682 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版を提供していただきました。(2010.01.06)

http://hdl.handle.net/10130/3919

公開しました。(2016.01.25)
posted by irucaa at 00:00| Comment(0) | 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

Promoting effect of 1,25(OH)2 vitamin D3 in osteogenic differentiation from induced pluripotent stem cells to osteocyte-like cells.

いるかです。

Promoting effect of 1,25(OH)2 vitamin D3 in osteogenic differentiation from induced pluripotent stem cells to osteocyte-like cells.
Kato H, Ochiai-Shino H, Onodera S, Saito A, Shibahara T, Azuma T.
Open Biol. 2015 Feb;5(2):140201. doi: 10.1098/rsob.140201.

CCライセンスです。
https://royalsociety.org/journals/authors/open-access/

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3903

登録しました。(2016.01.19)
posted by irucaa at 15:14| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする