DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2020年04月14日

Micro- and nano-bone analyses of the human mandible coronoid process and tendon-bone entheses.

いるかです。

Micro- and nano-bone analyses of the human mandible coronoid process
and tendon-bone entheses.
Kasahara M, Matsunaga S, Someya T, Kitamura K, Odaka K, Ishimoto T,
Nakano T, Abe S, Hattori M.
J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2020 Mar 19. doi:
10.1002/jbm.b.34609. [Epub ahead of print]
PMID: 32190994

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2021年3月以降に登録します。(2020.04.14)
posted by irucaa at 14:23| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

Evaluation of tooth loss among patients with diabetes mellitus and using the National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan.

いるかです。

Evaluation of tooth loss among patients with diabetes mellitus and
using the National Database of Health Insurance Claims and Specific
Health Checkups of Japan.
Suzuki S, Noda T, Nishioka Y, Imamura T, Kamijo H, Sugihara N.
Int Dent J. 2020 Feb 26. doi: 10.1111/idj.12561. [Epub ahead of print]
PMID: 32103503

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2021年2月以降に登録します。(2020.03.27)
posted by irucaa at 12:29| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

Factors associated with development of root caries in dentition without root caries experience in a 2-year cohort study in Japan.

いるかです。

Factors associated with development of root caries in dentition
without root caries experience in a 2-year cohort study in Japan.
Suzuki S, Onose Y, Yoshino K, Takayanagi A, Kamijo H, Sugihara N.
J Dent. 2020 Feb 21:103304. doi: 10.1016/j.jdent.2020.103304. [Epub
ahead of print]
PMID: 32092306

https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

著者版原稿を提供していただきました。

2021年2月以降に登録します。(2020.03.13)
posted by irucaa at 09:11| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

Rate of oral frailty and oral hypofunction in rural community-dwelling older Japanese individuals

いるかです。

Rate of oral frailty and oral hypofunction in rural community-dwelling older Japanese individuals.
Kugimiya Y, Watanabe Y, Ueda T, Motokawa K, Shirobe M, Igarashi K, Hoshino D, Takano T, Sakurai K, Taniguchi Y, Kitamura A, Shinkai S, Hirano H.
Gerodontology. 2020 Mar 6. doi: 10.1111/ger.12468. [Epub ahead of print]
PMID: 32141117

著者版原稿を提供していただけました。

2021年3月以降に登録します。(2020.03.10)
posted by irucaa at 10:30| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

Factors associated with masticatory performance in community-dwelling older adults: A cross-sectional study.

いるかです。

Factors associated with masticatory performance in community-dwelling older adults: A cross-sectional study.
Kugimiya Y, Watanabe Y, Igarashi K, Hoshino D, Motokawa K, Edahiro A, Ueda T, Takano T, Sakurai K, Taniguchi Y, Kitamura A, Nasu I, Shinkai S, Hirano H.
J Am Dent Assoc. 2020 Feb;151(2):118-126. doi: 10.1016/j.adaj.2019.10.003.
PMID: 32000935

著者版原稿を提供していただきました。

2021年2月頃に登録します。(2020.02.27)
posted by irucaa at 14:14| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

Tissue-nonspecific alkaline phosphatase promotes the osteogenic differentiation of osteoprogenitor cells.

いるかです。

Tissue-nonspecific alkaline phosphatase promotes the osteogenic
differentiation of osteoprogenitor cells.
Nakamura T, Nakamura-Takahashi A, Kasahara M, Yamaguchi A, Azuma T.
Biochem Biophys Res Commun. 2020 Feb 5. pii: S0006-291X(20)30219-9.
doi: 10.1016/j.bbrc.2020.01.136. [Epub ahead of print]
PMID: 32035618

原稿を提供していただきました。

https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2021年2月以降に登録します。(2020.02.25)
posted by irucaa at 09:45| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

DNA methylation of GJA1, BMP2 and BMP4 in a human cementoblast cell line induced by lipopolysaccharide.

いるかです。

DNA methylation of GJA1, BMP2 and BMP4 in a human cementoblast cell
line induced by lipopolysaccharide.
Kobayashi F, Uehara O, Ito C, Furusawa M, Abiko Y, Muramatsu T.
Int Endod J. 2020 Feb 3. doi: 10.1111/iej.13275. [Epub ahead of print]
PMID: 32011747

著者版原稿を提供していただきました。

2021年2月以降に登録します。(2020.02.21)
posted by irucaa at 16:44| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

Intra- and inter-investigator reliabilities of oral moisture measured using an oral moisture-checking device.

いるかです。

Intra- and inter-investigator reliabilities of oral moisture measured
using an oral moisture-checking device.
Takano T, Kugimiya Y, Morita K, Tazawa S, Ueda T, Sakurai K.
J Oral Rehabil. 2019 Dec 5. doi: 10.1111/joor.12919. [Epub ahead of print]
PMID: 31803949

著者版原稿を提供していただきました。

2020年12月以降に登録します。(2020.02.06)
posted by irucaa at 14:04| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

Sjögren's syndrome and ranula development.

いるかです。

Sjögren's syndrome and ranula development.
Sato K, Yoshida Y, Sakai K, Shibui T, Hashimoto K, Baba A, Nomura T.
Oral Dis. 2019 Sep;25(6):1664-1667. doi: 10.1111/odi.13130. Epub 2019 Jun 20.
PMID: 31141241

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2020年9月頃に登録します。(2020.02.03)

posted by irucaa at 16:05| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Prospective, Multicenter, Cross-Sectional Survey on Dry Eye Disease in Japan.

いるかです。

Prospective, Multicenter, Cross-Sectional Survey on Dry Eye Disease in Japan.
Shimazaki J, Nomura Y, Numa S, Murase Y, Kakinoki K, Abe F, Kato Y, Okabe H, Kishimoto H, Yamada Y.
Adv Ther. 2020 Jan;37(1):316-328. doi: 10.1007/s12325-019-01143-w. Epub 2019 Nov 14.
PMID: 31728824

著者版原稿を提供していただきました。

https://www.springer.com/gp/open-access/publication-policies/self-archiving-policy

2021年1月頃に登録します。(2020.02.03)
posted by irucaa at 12:12| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

Effect of Mastication Muscle Activity on Prefrontal Cortex NIRS Measurement: A Pilot Study.

いるかです。

Effect of Mastication Muscle Activity on Prefrontal Cortex NIRS
Measurement: A Pilot Study.
Nakajima K, Takeda T, Saito M, Konno M, Kawano Y, Suzuki Y, Nishino M,
Matsuda Y, Ishigami K, Sakatani K.
Adv Exp Med Biol. 2020;1232:121-127. doi: 10.1007/978-3-030-34461-0_17.
PMID: 31893403

著者版原稿を提供していただきました。

https://www.springer.com/gp/open-access/publication-policies/self-archiving-policy

2021年1月頃に登録します。(2020.01.30)
posted by irucaa at 15:18| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

Comparison of adhesiveness of chewing gum to hard and soft denture base materials.

いるかです。

Comparison of adhesiveness of chewing gum to hard and soft denture
base materials.
Wada T, Ueda T, Morita K, Nezu Y, Kubo K, Kamba K, Sakurai K.
J Prosthodont Res. 2019 Nov 28. pii: S1883-1958(19)30128-8. doi:
10.1016/j.jpor.2019.10.008. [Epub ahead of print]
PMID: 31787578

著者版原稿を提供していただきました。

https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2020年11月以降に登録します。(2019.12.27)
posted by irucaa at 08:58| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

Effect of mechanical and chemical cleaning on surface roughness of silicone soft relining material.

いるかです。

Effect of mechanical and chemical cleaning on surface roughness of
silicone soft relining material.
Saito T, Wada T, Kubo K, Ueda T, Sakurai K.
J Prosthodont Res. 2019 Nov 28. pii: S1883-1958(19)30288-9. doi:
10.1016/j.jpor.2019.10.007. [Epub ahead of print]
PMID: 31787576

著者版原稿を提供していただきました。

2020年11月以降に登録します。(2019.12.26)
posted by irucaa at 16:56| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

Which Factors Affect the Long-Term Survival of Patients With Oral Squamous Cell Carcinoma With Distant Metastasis?

いるかです。

Which Factors Affect the Long-Term Survival of Patients With Oral
Squamous Cell Carcinoma With Distant Metastasis?
Sekikawa S, Kawachi H, Ogane S, Saito H, Takano M, Nomura T, Katakura
A, Takano N, Shibahara T.
J Oral Maxillofac Surg. 2019 Oct 31. pii: S0278-2391(19)31246-7. doi:
10.1016/j.joms.2019.10.018. [Epub ahead of print]
PMID: 31765634

著者版原稿を提供していただきました。

https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2020年10月以降に登録します。(2019.12.24)
posted by irucaa at 15:39| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Development of a novel composite sensor for evaluating lip function

いるかです。

Development of a novel composite sensor for evaluating lip function.
Sugano A, Ofusa W, Sugito H, Matsubayashi N, Hakkaku M, Yamada Y.
J Oral Rehabil. 2019 Oct;46(10):920-926. doi: 10.1111/joor.12825. Epub
2019 Jun 26.
PMID: 31144727

著者版原稿を提供していただきました。
https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2020年10月頃に登録します。(2019.12.24)
posted by irucaa at 12:46| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

Alkaline extracellular conditions promote the proliferation and mineralization of a human cementoblast cell line.

いるかです。

Alkaline extracellular conditions promote the proliferation and
mineralization of a human cementoblast cell line.
Muramatsu T, Kashiwagi S, Ishizuka H, Matsuura Y, Furusawa M, Kimura
M, Shibukawa Y.
Int Endod J. 2019 May;52(5):639-645. doi: 10.1111/iej.13044. Epub 2018 Dec 11.
PMID: 30447154

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2020年5月頃に登録します。(2019.12.18)
posted by irucaa at 15:04| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

K-line (-) in the neck-flexed position affects surgical outcomes in patients with ossification of the posterior longitudinal ligament after muscle-preserving selective laminectomy

いるかです。

K-line (-) in the neck-flexed position affects surgical outcomes in
patients with ossification of the posterior longitudinal ligament
after muscle-preserving selective laminectomy.
Nori S, Aoyama R, Ninomiya K, Suzuki S, Anazawa U, Shiraishi T.
J Orthop Sci. 2019 Oct 28. pii: S0949-2658(19)30322-7. doi:
10.1016/j.jos.2019.10.002. [Epub ahead of print]
PMID: 31672381

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/78476/external-embargo-list.pdf

2020年10月以降に登録します。(2019.12.13)
posted by irucaa at 17:02| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

Successful endovascular isolation of a huge true anterior tibial artery aneurysm by the bi-directional approach in a young patient.

いるかです。

Successful endovascular isolation of a huge true anterior tibial
artery aneurysm by the bi-directional approach in a young patient.
Ono S, Shimogawara T, Yamazoe S, Matsui J.
Catheter Cardiovasc Interv. 2019 Oct 22. doi: 10.1002/ccd.28562. [Epub
ahead of print]
PMID: 31638734

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2020年10月以降に登録します。(2019.12.11)
posted by irucaa at 16:10| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

Survival rate of removable partial dentures with complete arch reconstruction using double crowns: a retrospective study.

いるかです。

Survival rate of removable partial dentures with complete arch reconstruction using double crowns: a retrospective study.
Yoshino K, Ito K, Kuroda M, Sugihara N.
Clin Oral Investig. 2019 Jul 27. doi: 10.1007/s00784-019-03030-8. [Epub ahead of print]
PMID: 31352518

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.springer.com/gp/open-access/publication-policies/self-archiving-policy

2020年7月以降に登録します。(2019.12.05)
posted by irucaa at 14:11| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Combined effects of systemic parathyroid hormone (1-34) and locally delivered neutral self-assembling peptide hydrogel in the treatment of periodontal defects: An experimental in vivo investigation

いるかです。

Combined effects of systemic parathyroid hormone (1-34) and locally delivered neutral self-assembling peptide hydrogel in the treatment of periodontal defects: An experimental in vivo investigation.
Yoshida W, Matsugami D, Murakami T, Bizenjima T, Imamura K, Seshima F, Saito A.
J Clin Periodontol. 2019 Oct;46(10):1030-1040. doi: 10.1111/jcpe.13170.
PMID: 31292977

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2020年10月頃に登録します。(2019.12.05)
posted by irucaa at 14:06| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする