DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2012年07月20日

Neuropeptide Y modulates calcium channels in hamster submandibular ganglion neurons.

いるかです。

Neurosci Res. 2012 May 14. [Epub ahead of print]
Neuropeptide Y modulates calcium channels in hamster submandibular ganglion neurons.
Endoh T, Nobushima H, Tazaki M.
PMID: 22613697 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2012.05.24)

登録しました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2815

遠藤先生ありがとうございました。(2012.07.20)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

Effect of basic fibroblast growth factor on root resorption after delayed autotransplantation of tooth in dogs

いるかです。

Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2012 Aug;114(2):e14-21.
Epub 2012 Mar 3.
Effect of basic fibroblast growth factor on root resorption after
delayed autotransplantation of tooth in dogs.
Shiratani S, Ota M, Fujita T, Seshima F, Yamada S, Saito A.
PMID: 22769415 [PubMed - in process]

著者版原稿を提供していただきました。(2012.07.17)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2932

登録しました。(2012.11.16)
posted by irucaa at 10:12| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

Prediction of fasting gastric pH using serum biological markers.

いるかです。

Hepatogastroenterology. 2010 Nov-Dec;57(104):1602-7.
Prediction of fasting gastric pH using serum biological markers.
Kishikawa H, Nishida J, Ichikawa H, Kaida S, Matsukubo T, Miura S, Morishita T, Hibi T.
PMID: 21443128 [PubMed - indexed for MEDLINE]

著者版原稿を提供していただきました。(2011.05.28)

http://www.thieme.de/fz/_pdf/thieme_ir_policy_english.pdf

12ヶ月のエンバーゴ設定です。2012年1月頃に登録します。(2011.08.16)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2708

掲載猶予期間が経過したので登録しました。(2012.06.11)

岸川先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

HGP44 induces protection against Porphyromonas gingivalis-induced alveolar bone loss in mice

いるかです。

Clin Vaccine Immunol. 2011 May;18(5):888-91. Epub 2011 Mar 23.
HGP44 induces protection against Porphyromonas gingivalis-induced alveolar bone loss in mice.
Muramatsu K, Kokubu E, Shibahara T, Okuda K, Ishihara K.
PMID: 21430125 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2011.03.28)

6ヶ月のエンバーゴが設定されています。
2011年12月頃に登録します。(2011.06.21)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2707

掲載猶予期間が経過しましたので登録しました。(2012.06.07)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

Genetic study of 12 X-STRs in Malay population living in and around Kuala Lumpur using Investigator Argus X-12 kit.

いるかです。

Int J Legal Med. 2012 Jul;126(4):677-83. Epub 2012 May 15.
Genetic study of 12 X-STRs in Malay population living in and around
Kuala Lumpur using Investigator Argus X-12 kit.
Samejima M, Nakamura Y, Nambiar P, Minaguchi K.
PMID: 22584910 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2012.05.26)

1年のエンバーゴが設定されています。2013年7月頃に登録します。(2012.09.21)

http://hdl.handle.net/10130/3752

公開しました。(2015.11.11)
posted by irucaa at 09:43| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

Light-curing of dental resins with GaN violet laser diode: The effect of photoinitiator on mechanical strength

いるかです。

Lasers Med Sci. 2011 May;26(3):279-83. Epub 2011 Feb 23.
Light-curing of dental resins with GaN violet laser diode: The effect of photoinitiator on mechanical strength.
Kameyama A, Hatayama H, Kato J, Haruyama A, Teraoka H, Takase Y, Yoshinari M, Tsunoda M.
PMID: 21344248

著者版、出版社版原稿を提供していただきました。(2011.03.04)

http://www.springer.com/open+access/authors+rights?SGWID=0-176704-12-683201-0

12ヶ月の掲載猶予期間が設定されています。2012年5月頃に登録します。(2011.05.18)

掲載猶予期間が経過したので登録しました。(2012.5.10)

亀山先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

Immediate implant placement in the maxillary central incisor region: A case report

いるかです。

J Prosthodont Res. 2011 Jun 16. [Epub ahead of print]
Immediate implant placement in the maxillary central incisor region: A case report.
Sekine H, Taguchi T, Yamagami M, Matsuzaki F, Takanashi T, Furuya K.
PMID: 21684234

著者版原稿を提供していただきました。(2011.07.25)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2695

登録しました。

関根先生、ありがとうございました。(2012.04.25)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

Hemagglutinin/Adhesin domains of Porphyromonas gingivalis play key roles in coaggregation with Treponema denticola

いるかです。

Hemagglutinin/Adhesin domains of Porphyromonas gingivalis play key roles in coaggregation with Treponema denticola
FEMS Immunol Med Microbiol. 2010 Dec;60(3):251-60. doi: 10.1111/j.1574-695X.2010.00737.x. Epub 2010 Oct 6.
Ito R, Ishihara K, Shoji M, Nakayama K, Okuda K.
PMID: 21039921 [PubMed - in process]

著者版原稿を提供していただきました。(2010.12.24)

12ヶ月の掲載猶予期間が設けられています。2011年12月頃に登録します。(2011.03.25)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2537

掲載猶予期間が経過したので公開しました。(2012.04.17)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

Fasting Gastric pH of Japanese Subjects Stratified by IgG Concentration Against Helicobacter pylori and Pepsinogen Status

いるかです。

Helicobacter. 2011 Dec;16(6):427-433. doi: 10.1111/j.1523-5378.2011.00868.x.
Fasting Gastric pH of Japanese Subjects Stratified by IgG Concentration Against Helicobacter pylori and Pepsinogen Status.
Kishikawa H, Nishida J, Ichikawa H, Kaida S, Takarabe S, Matsukubo T, Miura S, Morishita T, Hibi T.
PMID: 22059393 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2011.11.14)

岸川先生ありがとうございました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2537

登録しました!(2012.02.09)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

Unilateral Stellate Ganglion Block Produces Bidirectional Changes in Tissue Oxygen Tension of the Mental Nerve in Rabbits.

いるかです。

J Oral Maxillofac Surg. 2011 Sep 27. [Epub ahead of print]
Unilateral Stellate Ganglion Block Produces Bidirectional Changes in
Tissue Oxygen Tension of the Mental Nerve in Rabbits.
Kasahara M, Terakawa Y, Ichinohe T, Kaneko Y.
PMID: 21958661


著者版原稿を提供して頂きました。(2011.10.18)

笠原先生、ありがとうございました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2536

登録しました。(2012.02.02)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

The inhibition of infection by wound pathogens on scaffold in tissue-forming process using N-acetyl cysteine

いるかです。

Biomaterials. 2011 Aug 11. [Epub ahead of print]
The inhibition of infection by wound pathogens on
scaffold in tissue-forming process using N-acetyl cysteine
PMID: 21840048 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2011.09.05)

山田先生ありがとうございました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2535

登録しました。(2011.12.17)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

Easy fabrication of a new type of mouthguard incorporating a hard insert and space and offering improved shock absorption ability.

いるかです。

Dent Traumatol. 2011 Aug 19. doi: 10.1111/j.1600-9657.2011.01029.x.
Easy fabrication of a new type of mouthguard incorporating a hard insert and
space and offering improved shock absorption ability.
PMID: 21854544 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2011.09.03)

武田先生、ありがとうございました。


登録しました。(2011.12.06)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

Spectral Characteristics of Light-curing Units and Dental Adhesives

いるかです。

Spectral Characteristics of Light-curing Units and Dental Adhesives
Atsushi Kameyama, Hitoshi Hatayama, Junji Kato, Akiko Haruyama, Hiromi Teraoka, Yasuaki Takase, Masao Yoshinari, Masatake Tsunoda
Journal of Photopolymer Science and Technology 24巻4号 Page411-416(2011)

出版社版PDFを提供していただきました。
出版後に登録します。

亀山先生ありがとうございました。(2011.07.28)

登録しました(2011.11.30)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

Potential of fluid-attenuated inversion recovery (FLAIR) in identification of temporomandibular joint effusion compared with T2-weighted images.

いるかです。

Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2011 Jun 8.
[Epub ahead of print]
Potential of fluid-attenuated inversion recovery (FLAIR) in
identification of temporomandibular joint effusion compared with T2-weighted images.
Imoto K, Otonari-Yamamoto M, Nishikawa K, Sano T, Yamamoto A.
PMID: 21664156

著者版原稿を提供して頂きました。

井本先生、ありがとうございました。(2011.08.03)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2532

登録しました。(2011.11.25)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

Dr.Kのペリオゼミナール

いるかです。

Dr.Kのペリオゼミナール 歯周病原細菌はどこから来てどこへ行くのか
石原和幸,中川種昭
デンタルハイジーン(0285-0508)28巻4-12号(2008)

出版社版の別刷りをいただきました。

リポジトリ登録→許諾
登録ファイル→出版社版
登録時期→2年以上経過後
登録希望論文ごとに許諾が必要
その他→本人が希望していること、他社にかかわる権利の処理をすること、転載は全文を改変無く、出典を表示すること

2010年12月頃に登録します。(2010.03.26)

すべて公開しました。(2011.11.11)

石原先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| Comment(0) | 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

Coverage of gingival recession defects using guided tissue regeneration with and without adjunctive enamel matrix derivative in a dog model

いるかです。

Int J Periodontics Restorative Dent. 2011 Jun;31(3):247-53.
Coverage of gingival recession defects using guided tissue
regeneration with and without adjunctive enamel matrix derivative in a
dog model.
Fujita T, Yamamoto S, Ota M, Shibukawa Y, Yamada S.
PMID: 21556381 [PubMed - indexed for MEDLINE]

出版社版利用が可能な論文の登録許諾をいただきました。

藤田先生、ありがとうございました。(2011.08.03)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2460

登録しました。(2011.10.21)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

Surface modification by cold-plasma technique for dental implants-Bio-functionalization with binding pharmaceuticals

いるかです。

Yoshinari, M., Matsuzaka, K., Inoue, T.
Surface modification by cold-plasma technique for dental
implants-Bio-functionalization with binding pharmaceuticals
(2011) Japanese Dental Science Review. Article in Press.

著者版原稿を提供していただきました。(2011.05.20)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2421

出版されたので登録いたしました。

吉成先生ありがとうございました。(2011.07.28)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

Down-regulated genes in mouse dental papillae and pulp

いるかです。

J Dent Res. 2010 Jul;89(7):679-83. Epub 2010 May 6.
Down-regulated genes in mouse dental papillae and pulp.
Sasaki H, Muramatsu T, Kwon HJ, Yamamoto H, Hashimoto S, Jung HS, Shimono M.
PMID: 20448247 [PubMed - indexed for MEDLINE]

登録許諾をいただきました。学位論文です。(2010.07.23)

1年間の掲載猶予期間経過後の出版者版利用が認められています。
2011年7月頃に登録します。(2010.08.04)

エンバーゴ期間が経過したので登録しました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2408

佐々木先生、ありがとうございました。(2011.07.15)
posted by irucaa at 00:00| Comment(2) | 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

A mechanism for extremely weak SpaP-expression in Streptococcus mutans strain Z1

A mechanism for extremely weak SpaP-expression in Streptococcus mutans strain Z1
Yutaka Sato, Kazuko Okamoto-Shibayama, Toshifumi Azuma
Journal of Oral Microbiology 2011, 3: 5495 - DOI: 10.3402/jom.v3i0.5495
http://www.journaloforalmicrobiology.net/index.php/jom/article/view/5495

著者版原稿を提供していただきました。(2011.05.02)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2407

登録しました。(2011.06.29)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

Serum Nitrate/Nitrite Concentration Correlates with Gastric Juice Nitrate/Nitrite: A Possible Marker for Mutagenesis of the Proximal Stomach

Digestion. 2011 Apr 14;84(1):62-69. [Epub ahead of print]
Serum Nitrate/Nitrite Concentration Correlates with Gastric Juice Nitrate/Nitrite: A Possible Marker for Mutagenesis of the Proximal Stomach.
Kishikawa H, Nishida J, Ichikawa H, Kaida S, Matsukubo T, Miura S, Morishita T, Hibi T.
PMID: 21494035 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2011.05.02)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2350

登録しました。(2011.06.14)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする