DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2012年12月13日

Immunolocalization of the Factors Related to Wnt Signaling Pathway in Developing Rat Molar

いるかです。

Journal of Hard Tissue Biology, 2011;20(3):185–194.
Immunolocalization of the Factors Related to Wnt Signaling Pathway in Developing Rat Molar.
Moriguchi, M., Yamada, M., Miake, Y., & Nitta, Y.

出版社版の登録が可能なタイトルで、登録の許諾をいただくことが出来ました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2935

登録しました(2012.12.06)

森口先生、ありがとうございました。
posted by irucaa at 18:01| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

Comparison of various methods for quantification of apparent diffusion coefficient of head and neck lesions with HASTE diffusion-weighted MR imaging.

いるかです。

Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2012 Aug;114(2):266-76.
Comparison of various methods for quantification of apparent diffusion
coefficient of head and neck lesions with HASTE diffusion-weighted MR
imaging.
Sakamoto J, Sasaki Y, Otonari-Yamamoto M, Sano T.
PMID: 22769413 [PubMed - in process]

著者版原稿を提供していただきました。(2012.07.23)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2936

登録しました。(2012.12.12)

坂本先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

Population genetic study of six closely linked groups of X-STRs in a Japanese population.

いるかです。

Int J Legal Med. 2011 Sep 15. [Epub ahead of print]
Population genetic study of six closely linked groups of
X-STRs in a Japanese population.
Samejima M, Nakamura Y, Minaguchi K.
PMID: 21918845

著者原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。(2011.10.03)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2934

登録しました。(2012.12.06)

鮫島先生、ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

Two-year follow-up after implantation of diffractive aspheric silicone multifocal intraocular lenses.

いるかです。

Two-year follow-up after implantation of diffractive aspheric silicone multifocal intraocular lenses.
Yoshino M, Bissen-Miyajima H, Oki S, Minami K, Nakamura K.
Acta Ophthalmol. 2011 Nov;89(7):617-21. doi: 10.1111/j.1755-3768.2009.01792.x. Epub 2010 Apr 6.

著者版原稿を提供していただきました。(2010.06.18)

PMID: 20384606 [PubMed - indexed for MEDLINE]

http://www.blackwellpublishing.com/pdf/elf_aos.pdf

12ヶ月の掲載猶予期間があります。2012年11月頃に登録します。(2012.04.23)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2933

登録しました。(2012.12.03)

吉野先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| Comment(0) | 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

Light-curing efficiency of dental adhesives by gallium nitride violet-laser diode determined in terms of ultimate micro-tensile strength

いるかです。

Biomed Mater Eng. 2011;21(5-6):347-56.
Light-curing efficiency of dental adhesives by gallium nitride violet-laser diode determined in terms of ultimate micro-tensile strength.
Kameyama A, Kato J, De Munck J, Hatayama H, Haruyama A, Yoshinari M, Takase Y, Van Meerbeek B, Tsunoda M.
PMID: 22561254 [PubMed - in process]

出版者版原稿とOrder formの写しをいただきました。(2012.07.03)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2847

登録しました。(2012.10.03)

亀山先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

談合する暗殺軍団 デンタルバイオフィルムとのバトル

いるかです。

2011174502
談合する暗殺軍団 デンタルバイオフィルムとのバトル(解説)
Author:奥田克爾(東京歯科大学)
Source:日本歯科医師会雑誌(0047-1763)64巻1号 Page19-27(2011.04)

著者版原稿と出版社版PDFを提供していただきました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2846

登録しました。(2012.10.01)

奥田先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

Dexmedetomidine Dose Dependently Decreases Oral Tissue Blood Flow During Sevoflurane and Propofol Anesthesia in Rabbits

いるかです。

J Oral Maxillofac Surg. 2012 May 23. [Epub ahead of print]
Dexmedetomidine Dose Dependently Decreases Oral Tissue Blood Flow
During Sevoflurane and Propofol Anesthesia in Rabbits.
Sazuka S, Matsuura N, Ichinohe T.
PMID: 22632928 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿をいただきました。(2012.06.12)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2845

登録しました。(2012.09.27)

佐塚先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

Osteogenic effect of fluvastatin combined with biodegradable gelatin-hydrogel

いるかです。

Dent Mater J. 2012;31(3):489-93. Epub 2012 May 14.
Osteogenic effect of fluvastatin combined with biodegradable gelatin-hydrogel.
Tanabe K, Nomoto H, Okumori N, Miura T, Yoshinari M.
PMID: 22673476 [PubMed - as supplied by publisher]

出版者版の登録が可能なタイトルです。

登録の許諾をいただくことが出来ました。(2012.06.11)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2844

公開しました。(2012.09.25)

田辺先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

Initial attachment of human oral keratinocytes cultured on zirconia or titanium

いるかです。

Dent Mater J. 2012 May 14. [Epub ahead of print]
Initial attachment of human oral keratinocytes cultured on zirconia or titanium.
Kimura Y, Matsuzaka K, Yoshinari M, Inoue T.
PMID: 22673460 [PubMed - as supplied by publisher]

出版者版の登録が可能なタイトルです。

登録の許諾をいただくことが出来ました。(2012.06.11)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2843

登録しました。(2012.09.24)

木村先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

Influence of chewing force on salivary stress markers as indicator of mental stress.

いるかです。

J Oral Rehabil. 2012 Apr;39(4):261-9
Influence of chewing force on salivary stress markers as indicator of mental stress.
Soeda R, Tasaka A, Sakurai K.
PMID: 22040229 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2011.11.08)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2841

公開しました。(2012.09.18)

添田先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

Early fetal development of the rotator interval region of the shoulder with special reference to topographical relationships among related tendons and ligaments.

いるかです。

Surg Radiol Anat. 2011 Sep;33(7):609-15. Epub 2011 Jan 20.
Early fetal development of the rotator interval region of the shoulder
with special reference to topographical relationships among related
tendons and ligaments.
Abe S, Nakamura T, Rodriguez-Vazquez JF, Murakami G, Ide Y.
PMID: 21249362

著者版原稿を提供して頂きました。(2011.02.10)

2012年9月頃に登録します。(2011.10.21)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2840

登録しました。(2012.09.10)

阿部先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

A retrospective survey of autotransplantation of teeth in dental clinics.

いるかです。

J Oral Rehabil. 2012 Jan;39(1):37-43. doi: 10.1111/j.1365-2842.2011.02234.x. Epub 2011 Jul 27.
A retrospective survey of autotransplantation of teeth in dental clinics.
PMID: 21793869 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2011.11.07)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2839

登録しました。(2012.09.06)

吉野先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

Colonisation of the oral cavity by periodontopathic bacteria in complete denture wearers.

いるかです。

Gerodontology. 2012 Jun;29(2):e494-502. doi: 10.1111/j.1741-2358.2011.00506.x. Epub 2011 Sep 19.
Colonisation of the oral cavity by periodontopathic bacteria in
complete denture wearers.
Yasui M, Ryu M, Sakurai K, Ishihara K.
PMID: 21929616 [PubMed - as supplied by publisher]

http://media.wiley.com/assets/1540/86/ctaaglobal.pdf

著者版原稿を提供していただきました。(2011.10.11)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2828

登録しました。

安井先生、ありがとうございました。(2012.07.24)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

Neuropeptide Y modulates calcium channels in hamster submandibular ganglion neurons.

いるかです。

Neurosci Res. 2012 May 14. [Epub ahead of print]
Neuropeptide Y modulates calcium channels in hamster submandibular ganglion neurons.
Endoh T, Nobushima H, Tazaki M.
PMID: 22613697 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2012.05.24)

登録しました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2815

遠藤先生ありがとうございました。(2012.07.20)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

Effect of basic fibroblast growth factor on root resorption after delayed autotransplantation of tooth in dogs

いるかです。

Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2012 Aug;114(2):e14-21.
Epub 2012 Mar 3.
Effect of basic fibroblast growth factor on root resorption after
delayed autotransplantation of tooth in dogs.
Shiratani S, Ota M, Fujita T, Seshima F, Yamada S, Saito A.
PMID: 22769415 [PubMed - in process]

著者版原稿を提供していただきました。(2012.07.17)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2932

登録しました。(2012.11.16)
posted by irucaa at 10:12| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

Prediction of fasting gastric pH using serum biological markers.

いるかです。

Hepatogastroenterology. 2010 Nov-Dec;57(104):1602-7.
Prediction of fasting gastric pH using serum biological markers.
Kishikawa H, Nishida J, Ichikawa H, Kaida S, Matsukubo T, Miura S, Morishita T, Hibi T.
PMID: 21443128 [PubMed - indexed for MEDLINE]

著者版原稿を提供していただきました。(2011.05.28)

http://www.thieme.de/fz/_pdf/thieme_ir_policy_english.pdf

12ヶ月のエンバーゴ設定です。2012年1月頃に登録します。(2011.08.16)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2708

掲載猶予期間が経過したので登録しました。(2012.06.11)

岸川先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

HGP44 induces protection against Porphyromonas gingivalis-induced alveolar bone loss in mice

いるかです。

Clin Vaccine Immunol. 2011 May;18(5):888-91. Epub 2011 Mar 23.
HGP44 induces protection against Porphyromonas gingivalis-induced alveolar bone loss in mice.
Muramatsu K, Kokubu E, Shibahara T, Okuda K, Ishihara K.
PMID: 21430125 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2011.03.28)

6ヶ月のエンバーゴが設定されています。
2011年12月頃に登録します。(2011.06.21)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2707

掲載猶予期間が経過しましたので登録しました。(2012.06.07)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

Genetic study of 12 X-STRs in Malay population living in and around Kuala Lumpur using Investigator Argus X-12 kit.

いるかです。

Int J Legal Med. 2012 Jul;126(4):677-83. Epub 2012 May 15.
Genetic study of 12 X-STRs in Malay population living in and around
Kuala Lumpur using Investigator Argus X-12 kit.
Samejima M, Nakamura Y, Nambiar P, Minaguchi K.
PMID: 22584910 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。(2012.05.26)

1年のエンバーゴが設定されています。2013年7月頃に登録します。(2012.09.21)

http://hdl.handle.net/10130/3752

公開しました。(2015.11.11)
posted by irucaa at 09:43| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

Light-curing of dental resins with GaN violet laser diode: The effect of photoinitiator on mechanical strength

いるかです。

Lasers Med Sci. 2011 May;26(3):279-83. Epub 2011 Feb 23.
Light-curing of dental resins with GaN violet laser diode: The effect of photoinitiator on mechanical strength.
Kameyama A, Hatayama H, Kato J, Haruyama A, Teraoka H, Takase Y, Yoshinari M, Tsunoda M.
PMID: 21344248

著者版、出版社版原稿を提供していただきました。(2011.03.04)

http://www.springer.com/open+access/authors+rights?SGWID=0-176704-12-683201-0

12ヶ月の掲載猶予期間が設定されています。2012年5月頃に登録します。(2011.05.18)

掲載猶予期間が経過したので登録しました。(2012.5.10)

亀山先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

Immediate implant placement in the maxillary central incisor region: A case report

いるかです。

J Prosthodont Res. 2011 Jun 16. [Epub ahead of print]
Immediate implant placement in the maxillary central incisor region: A case report.
Sekine H, Taguchi T, Yamagami M, Matsuzaki F, Takanashi T, Furuya K.
PMID: 21684234

著者版原稿を提供していただきました。(2011.07.25)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2695

登録しました。

関根先生、ありがとうございました。(2012.04.25)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする