DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2015年11月27日

Copy number increase of ACTN4 is a prognostic indicator in salivary gland carcinoma

いるかです。

Cancer Med. 2014 Jun;3(3):613-22. doi: 10.1002/cam4.214. Epub 2014 Feb 27.
Copy number increase of ACTN4 is a prognostic indicator in salivary gland carcinoma.
Watabe Y1, Mori T, Yoshimoto S, Nomura T, Shibahara T, Yamada T, Honda K.

http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1002/(ISSN)2045-7634/homepage/Permissions.html

出版社版の登録許諾をいただきました。

http://hdl.handle.net/10130/3814

公開しました。(2015.11.27)
posted by irucaa at 10:21| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

Cigarette smoke condensate modulates migration of human gingival epithelial cells and their interactions with Porphyromonas gingivalis.

いるかです。

J Periodontal Res. 2015 Jun;50(3):411-21.
Cigarette smoke condensate modulates migration of human gingival epithelial cells and their interactions with Porphyromonas gingivalis.
Imamura K, Kokubu E, Kita D, Ota K, Ishihara K, Saito A.
PMID: 25196284 [PubMed - in process]

学位論文として提出されました。

エンバーゴ期間が設定されています。
2016年6月頃に登録します。(2015.11.06)

http://hdl.handle.net/10130/4079

登録しました。(2016.10.27)
posted by irucaa at 14:59| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

Biodegradation property of beta-tricalcium phosphate-collagen composite in accordance with bone formation: a comparative study with Bio-Oss CollagenR in a rat critical-size defect model

いるかです。

Clin Implant Dent Relat Res. 2014 Apr;16(2):202-11. doi: 10.1111/j.1708-8208.2012.00467.x. Epub 2012 Jul 18.
Biodegradation property of beta-tricalcium phosphate-collagen composite in accordance with bone formation: a comparative study with Bio-Oss CollagenR in a rat critical-size defect model.
Kato E, Lemler J, Sakurai K, Yamada M.

学位論文として提供されました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3749

公開しました。(2015.11.05)
posted by irucaa at 14:50| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

Thinning factors influence on custom-made mouthguards thermoforming

いるかです。

Dent Traumatol. 2015 Apr;31(2):103-12. doi: 10.1111/edt.12145. Epub 2014 Oct 21.
Thinning factors influence on custom-made mouthguards thermoforming.
Kojima I, Takeda T, Nakajima K, Narimatsu K, Konno M, Ozawa T, Ishigami K.
PMID: 25336334 [PubMed - in process]

学位論文としてご提供いただきました。

http://olabout.wiley.com/WileyCDA/Section/id-820227.html

12ヶ月のエンバーゴ期間が設定されています。
2016年4月頃に登録します。(2015.09.30)

http://hdl.handle.net/10130/4078

登録しました。(2016.10.27)
posted by irucaa at 10:42| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

Interleukin-1β and 6-Induced Calcium Channel Current Modulation in MC3T3-E1 Osteoblast Cell Line

いるかです。

International Journal of Biology 2015 Apr;7(2)68-77.
Interleukin-1β and 6-Induced Calcium Channel Current Modulation in MC3T3-E1 Osteoblast Cell Line
Kobayashi, H ; Endoh, T ; Uchida, Y ; Tazaki, M ; Sueishi, K.

http://web.ccsenet.org/publication-policies.html

出版社版の登録許諾をいただきました。(2015.07.22)
公開しました。(2015.09.09)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3708

小林先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 13:45| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

Three-dimensional analysis of incisive canals in human dentulous and edentulous maxillary bones

いるかです。

International Journal of Implant Dentistry. 2015;1:12
Three-dimensional analysis of incisive canals in human dentulous and edentulous maxillary bones.
Masayuki Fukuda, Satoru Matsunaga, Kento Odaka, Yuuya Oomine, Masaaki Kasahara, Masahito Yamamoto and Shinichi Abe
DOI 10.1186/s40729-015-0012-4

著者版原稿を提供していただきました。

http://www.springeropen.com/about/deposition-of-springeropen-articles-in-digital-repositories

CCライセンスのようですが、調査いたします。(2015.08.06)

出版社版を公開しました。(2016.02.05)
posted by irucaa at 15:48| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

Effect of basic fibroblast growth factor (FGF-2) in combination with beta tricalcium phosphate on root coverage in dog

いるかです。

Acta Odontol Scand. 2013 Mar;71(2):325-32. doi: 10.3109/00016357.2012.680906. Epub 2012 May 1.
Effect of basic fibroblast growth factor (FGF-2) in combination with
beta tricalcium phosphate on root coverage in dog.
Ishii Y, Fujita T, Okubo N, Ota M, Yamada S, Saito A.
PMID: 22545917 [PubMed - as supplied by publisher]

http://informahealthcare.com/page/resources/authors

著者版を提供していただきました。(2012.05.16)

12ヶ月のエンバーゴ期間が設定されています。(2012.05.18)

2014年3月頃に登録します。(2013.03.04)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3597

公開しました。(2015.07.28)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

Wear behavior of tetragonal zirconia polycrystal versus titanium and titanium alloy.

Biomed Mater. 2011 Apr;6(2):021001. Epub 2011 Mar 11.
Wear behavior of tetragonal zirconia polycrystal versus
titanium and titanium alloy.
Kanbara T, Yajima Y, Yoshinari M.
PMID: 21393812 [PubMed - in process]


著者版原稿を提供していただきました。(2011.03.31)

2013年4月ころに登録します。(2011.06.14)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3596

登録しました。(2015.07.27)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

Wear behavior between zirconia and titanium as an antagonist on fixed dental prostheses.

いるかです。

Biomed Mater. 2014 Apr;9(2):025005. doi: 10.1088/1748-6041/9/2/025005. Epub 2014 Feb 4.
Wear behavior between zirconia and titanium as an antagonist on fixed dental prostheses.
Kanbara T, Sekine H, Homma S, Yajima Y, Yoshinari M.
PMID: 24495945 [PubMed - indexed for MEDLINE]

学位論文として神原先生より提供していただきました。

http://authors.iop.org/atom/help.nsf/0/F20EC7D4A1A670AA80256F1C0053EEFF?OpenDocument

1年間のエンバーゴ期間が設定されています。2015年4月頃に登録します。(2015.02.28)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3595

公開しました。(2015.07.22)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

Effect of Emitted Wavelength and Light Guide Type on Irradiance Discrepancies in Hand-Held Dental Curing Radiometers

いるかです。

The Scientific World Journal
Volume 2013 (2013), Article ID 647941, 7 pages
http://dx.doi.org/10.1155/2013/647941

Effect of Emitted Wavelength and Light Guide Type on Irradiance Discrepancies in Hand-Held Dental Curing Radiometers
Atsushi Kameyama, Akiko Haruyama, Masako Asami, Toshiyuki Takahashi

OAジャーナルのPDFを提供していただきました。(2013.10.22)

http://www.hindawi.com/journals/apm/apc/

公開しました。(2015.7.21)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3594

亀山先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

N-acetyl Cysteine Improves Affinity of Beta-Tricalcium Phosphate Granules for Cultured Osteoblast-like Cells

いるかです。

J Biomater Appl. 2012 Jul;27(1):27-36. Epub 2010 Sep 28.
N-acetyl Cysteine Improves Affinity of Beta-Tricalcium Phosphate Granules for Cultured Osteoblast-like Cells.
Yamada M, Minamikawa H, Ueno T, Sakurai K, Ogawa T.
PMID: 20876635 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版原稿を提供していただきました。
12ヶ月のエンバーゴが設定されています。(2010.10.25)

2013年7月頃に登録します。(2012.07.20)

公開しました。(2015.05.02)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

Stress distribution in the mini-screw and alveolar bone during orthodontic treatment: a finite element study analysis.

いるかです。

J Orthod. 2014 Dec;41(4):275-84. doi: 10.1179/1465313314Y.0000000098. Epub 2014 May 8.
Stress distribution in the mini-screw and alveolar bone during orthodontic treatment: a finite element study analysis.
Kuroda S

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24812100

黒田先生よりご提供いただきました。

http://www.maneyonline.com/page/authors/copyrightandpermissions

1年間のエンバーゴが設定されています。2015年12月頃に登録します。(2015.02.09)

http://hdl.handle.net/10130/3901

公開しました。(2015.12.28)
posted by irucaa at 15:52| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

Incidence and risk factors for colorectal neoplasia in patients with oral squamous cell carcinoma

いるかです。

Incidence and risk factors for colorectal neoplasia in patients with oral squamous cell carcinoma.
Kishikawa H, Sato K, Yamauchi T, Katakura A, Shibahara T, Takano N, Nishida J.
Colorectal Dis. 2014 Jul 9. doi: 10.1111/codi.12717

著者版原稿を提供していただきました。(2014.8.21)

エンバーゴ期間1年です。2015年11月頃に登録します。(2015.2.3)

http://hdl.handle.net/10130/3816

公開しました。(2015.12.01)
posted by irucaa at 12:07| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

Tensile bond strength of single-step self-etch adhesives to Er:YAG laser-irradiated dentin.

いるかです。

Photomed Laser Surg. 2009 Feb;27(1):3-10. doi: 10.1089/pho.2007.2170.
Tensile bond strength of single-step self-etch adhesives to Er:YAG laser-irradiated dentin.
Kameyama A, Aizawa K, Kato J, Hirai Y.
PMID: 19196105 [PubMed - indexed for MEDLINE]

出版社版PDFを提供していただきました。

http://www.liebertpub.com/nv/resources-tools/self-archiving-policy/51/

公開しました。(2013.05.27)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3017

亀山先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 11:44| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

エルビウムレーザー照射歯質とレジン系修復材料との接着

いるかです。

エルビウムレーザー照射歯質とレジン系修復材料との接着
亀山敦史, 加藤純二
日本レーザー医学会誌(0288-6200)32巻1号 Page16-28(2011)

著者版現行と出版社版PDFの両方をいただきました。
編集部に登録の許諾を得たうえで登録します。

亀山先生ありがとうございました。(2011.07.28)

2012年9月頃に編集部に許諾を得ます。(2011.10.21)

・J-Stage版のPDFが利用可能
・その都度の問い合わせ不要

上記返信がいただけました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3016

登録しました。(2013.05.02)

亀山先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

Discoloration of Ti-20Cr alloy in oral environment and its surface characterization

いるかです。

Dent Mater J. 2012;31(6):1060-1067.
Discoloration of Ti-20Cr alloy in oral environment and its surface
characterization.
Takemoto S, Tasaka A, Hattori M, Sakurai K, Oda Y.
PMID: 23207216 [PubMed - in process]

登録の許諾をいただきました。(2013.02.07)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2994

登録しました。(2013.03.12)

武本先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 14:44| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

Discoloration of titanium alloy in acidic saline solutions with peroxide.

いるかです。

Dent Mater J. 2013;32(1):19-24.
Discoloration of titanium alloy in acidic saline solutions with peroxide.
Takemoto S, Hattori M, Yoshinari M, Kawada E, Oda Y.
PMID: 23370866 [PubMed - in process]

登録の許諾をいただきました。(2013.02.07)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2993

登録しました。(2013.03.08)

武本先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 14:43| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

Nerve terminal distribution in the human tongue intrinsic muscles: An immunohistochemical study using midterm fetuses

Clin Anat. 2012 Mar;25(2):189-97. doi: 10.1002/ca.21201. Epub 2011 Jun 3.
Nerve terminal distribution in the human tongue intrinsic muscles: An immunohistochemical study using midterm fetuses.
Abe SI, Kikuchi R, Nakao T, Cho BH, Murakami G, Ide Y.
PMID: 21647965 [PubMed - as supplied by publisher]

著者版を提供していただきました。(2011.06.09)

掲載猶予期間1年間が設定されています。
2013年3月頃に登録いたします。(2012.07.24)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2992

登録しました。(2013.3.4)

阿部先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

Morphological evaluation of meibomian glands using noncontact infrared meibography

いるかです。

Ocul Surf. 2013 Jan;11(1):47-53. doi: 10.1016/j.jtos.2012.09.005. Epub
2012 Oct 16.
Morphological evaluation of meibomian glands using noncontact infrared meibography.
Ban Y, Shimazaki-Den S, Tsubota K, Shimazaki J.
PMID: 23321359 [PubMed - in process]

著者版原稿を提供していただきました。(2013.01.29)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2973

登録しました。(2013.02.15)

番先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

Osteogenic differences in cultured rat periosteal cells under hypoxic and normal conditions

いるかです。

Exp Ther Med. 2012 Feb;3(2):165-170. Epub 2011 Nov 28.
Osteogenic differences in cultured rat periosteal cells under hypoxic and normal conditions.
PMID: 22969863 [PubMed]

登録許諾をいただきました。

1年のエンバーゴが設定されています。
2013年2月ころに登録します。(2012.09.19)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2972

登録しました。(2013.02.08)

市島先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする