DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2020年11月16日

A potential link between desmoglein 3 and epidermal growth factor receptor in oral squamous cell carcinoma and its effect on cetuximab treatment efficac

いるかです。

Minabe M, Akiyama Y, Higa K, Tachikawa T, Takahashi S, Nomura T, Kouno M.
A potential link between desmoglein 3 and epidermal growth factor receptor in oral squamous cell carcinoma and its effect on cetuximab treatment efficacy.
Exp Dermatol. 2019 May;28(5):614-617.
doi: 10.1111/exd.13920. PMID: 30907457.

著者版原稿を提供していただきました。
https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5246

登録しました。(2020.11.16)
posted by irucaa at 10:01| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

Sjögren's syndrome and ranula development.

いるかです。

Sjögren's syndrome and ranula development.
Sato K, Yoshida Y, Sakai K, Shibui T, Hashimoto K, Baba A, Nomura T.
Oral Dis. 2019 Sep;25(6):1664-1667. doi: 10.1111/odi.13130. Epub 2019 Jun 20.
PMID: 31141241

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2020年9月頃に登録します。(2020.02.03)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5217

登録しました。(2020.10.08)
posted by irucaa at 16:05| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Development of a novel composite sensor for evaluating lip function

いるかです。

Development of a novel composite sensor for evaluating lip function.
Sugano A, Ofusa W, Sugito H, Matsubayashi N, Hakkaku M, Yamada Y.
J Oral Rehabil. 2019 Oct;46(10):920-926. doi: 10.1111/joor.12825. Epub
2019 Jun 26.
PMID: 31144727

著者版原稿を提供していただきました。
https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2020年10月頃に登録します。(2019.12.24)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5215


登録しました。(2020.10.08)
posted by irucaa at 12:46| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

Combined effects of systemic parathyroid hormone (1-34) and locally delivered neutral self-assembling peptide hydrogel in the treatment of periodontal defects: An experimental in vivo investigation

いるかです。

Combined effects of systemic parathyroid hormone (1-34) and locally delivered neutral self-assembling peptide hydrogel in the treatment of periodontal defects: An experimental in vivo investigation.
Yoshida W, Matsugami D, Murakami T, Bizenjima T, Imamura K, Seshima F, Saito A.
J Clin Periodontol. 2019 Oct;46(10):1030-1040. doi: 10.1111/jcpe.13170.
PMID: 31292977

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2020年10月頃に登録します。(2019.12.05)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5214

登録しました。(2020.10.06)
posted by irucaa at 14:06| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

Study on bone quality in the human mandible-Alignment of biological apatite crystallites

いるかです。

Furukawa T, Matsunaga S, Morioka T, Nakano T, Abe S, Yoshinari M, Yajima Y.
Study on bone quality in the human mandible-Alignment of biological apatite crystallites.
J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2019 Apr;107(3):838-846.
doi: 10.1002/jbm.b.34180. Epub 2018 Oct 8. PMID: 30296354.

著者版原稿を提供していただきました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5136

公開しました。(2020.08.14)
posted by irucaa at 15:30| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

Micrographic and spectroscopic analyses of the application of methyl methacrylate-p-styrene sulfonic acid copolymer-based desensitizing agents to bovine dentin.

いるかです。

Asian Pacific journal of dentistry : APJD 19(2), 51-57, 2019-07
Oral Health Association of Japan
Micrographic and spectroscopic analyses of the application of methyl methacrylate-p-styrene
sulfonic acid copolymer-based desensitizing agents to bovine dentin.
Atsushi Kameyama, Akiko Haruyama, Yuichi Nakazawa, Masahiro Furusawa, and Takashi Muramatsu

先生から掲載許諾をいただきました。

また、発行事務取扱の口腔保健協会に登録許諾要件を確認しました。

問1.機関リポジトリへの登録方針について教えてください。
許諾する

問2.ご許諾いただける場合、登録するファイルについて教えてください。
ホームページ掲載のPDFファイル等

問3.登録・公開する時期について教えてください。
いつでも良い

問4.今後の問い合わせについて教えてください。
登録希望論文ごとに許諾が必要

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5134

登録しました。(2020.08.11)
posted by irucaa at 09:26| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

Alkaline extracellular conditions promote the proliferation and mineralization of a human cementoblast cell line.

いるかです。

Alkaline extracellular conditions promote the proliferation and
mineralization of a human cementoblast cell line.
Muramatsu T, Kashiwagi S, Ishizuka H, Matsuura Y, Furusawa M, Kimura
M, Shibukawa Y.
Int Endod J. 2019 May;52(5):639-645. doi: 10.1111/iej.13044. Epub 2018 Dec 11.
PMID: 30447154

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2020年5月頃に登録します。(2019.12.18)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5124

公開しました。(2020.06.02)
posted by irucaa at 15:04| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

A Hybrid Technique to Manage a Large Perigraft Seroma after an Open Abdominal Aortic Aneurysm Repair: A Case Report.

いるかです。

A Hybrid Technique to Manage a Large Perigraft Seroma after an Open
Abdominal Aortic Aneurysm Repair: A Case Report.
Ono S, Obara H, Hagiwara K, Saida F, Oshiro K, Matsubara K, Shibutani
S, Kitagawa Y.
Ann Vasc Surg. 2019 Apr;56:352.e1-352.e4. doi:
10.1016/j.avsg.2018.07.073. Epub 2018 Oct 18.
PMID: 30342215

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/78476/external-embargo-list.pdf

2020年4月頃に登録します。(2019.12.11)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5105

公開しました。(2020.04.28)
posted by irucaa at 16:12| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

Influence of chewing on expression level of human beta-defensin 2 and secretory immunoglobulin A in the epithelium.

いるかです。

Influence of chewing on expression level of human beta-defensin 2 and secretory immunoglobulin A in the epithelium.
Ishida A, Wada T, Ogami K, Ueda T, Sakurai K.
J Prosthodont Res. 2019 Apr;63(2):162-166. doi: 10.1016/j.jpor.2018.11.002. Epub 2018 Dec 8.
PMID: 30529003

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2020年4月頃に登録します。(2019.12.05)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5102

登録しました。(2020.04.14)
posted by irucaa at 14:16| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

Relationship between mild cognitive decline and oral motor functions in metropolitan community-dwelling older Japanese: The Takashimadaira study.

いるかです。

Relationship between mild cognitive decline and oral motor functions
in metropolitan community-dwelling older Japanese: The Takashimadaira
study.
Kugimiya Y, Ueda T, Watanabe Y, Takano T, Edahiro A, Awata S, Sakurai K.
Arch Gerontol Geriatr. 2019 Mar - Apr;81:53-58. doi:
10.1016/j.archger.2018.11.008. Epub 2018 Nov 16.
PMID: 30504034


著者版原稿を提供していただきました。

2020年3月頃に登録します。(2020.02.10)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5088

登録しました。(2020.03.03)
posted by irucaa at 16:34| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

Tongue Shape Dynamics in Swallowing Using Sagittal Ultrasound.

いるかです。

Tongue Shape Dynamics in Swallowing Using Sagittal Ultrasound.
Ohkubo M, Scobbie JM.
Dysphagia. 2019 Feb;34(1):112-118. doi: 10.1007/s00455-018-9921-8. Epub 2018 Jun 28.
PMID: 29955953

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.springer.com/gp/open-access/publication-policies/self-archiving-policy

2020年2月頃に登録します。(2019.12.05)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5061

登録しました。(2020.02.04)
posted by irucaa at 14:14| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

National Survey on Bisphosphonate-Related Osteonecrosis of the Jaws in Japan

いるかです。

National Survey on Bisphosphonate-Related Osteonecrosis of the Jaws in Japan.
Shibahara T, Morikawa T, Yago K, Kishimoto H, Imai Y, Kurita K.
J Oral Maxillofac Surg. 2018 Oct;76(10):2105-2112. doi: 10.1016/j.joms.2018.04.009. Epub 2018 Apr 14.
PMID: 29746838

著者版原稿を提供していただきました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5045

公開しました。(2019.12.05)
posted by irucaa at 14:52| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

Treponema denticola invasion into human gingival epithelial cells.

いるかです。

Treponema denticola invasion into human gingival epithelial cells.
Inagaki S, Kimizuka R, Kokubu E, Saito A, Ishihara K.
Microb Pathog. 2016 May;94:104-11. doi: 10.1016/j.micpath.2016.01.010. Epub 2016 Jan 22.
PMID: 26806000

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/78476/external-embargo-list.pdf

2017年5月頃に登録します。(2016.10.17)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5043

登録しました。(2019.12.03)
posted by irucaa at 11:58| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

Biocompatibility of a titanium dioxide-coating method for denture base acrylic resin.

いるかです。

Gerodontology. 2015 Jul 30. doi: 10.1111/ger.12204. [Epub ahead of print]
Biocompatibility of a titanium dioxide-coating method for denture base acrylic resin.
Tsuji M, Ueda T, Sawaki K, Kawaguchi M, Sakurai K.
PMID: 26223290 [PubMed - as supplied by publisher]

http://olabout.wiley.com/WileyCDA/Section/id-820227.html

12ヶ月のエンバーゴが設定されています。

巻号付与後から12か月後に登録します。(2016.02.05)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/4988

公開しました。(2019.12.02)
posted by irucaa at 10:36| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

Intraoperative Blood Loss During Orthognathic Surgery: A Comparison of Remifentanil-Based Anesthesia With Sevoflurane or Isoflurane

いるかです。

J Oral Maxillofac Surg. 2015 Dec;73(12):2294-9. doi: 10.1016/j.joms.2015.03.076. Epub 2015 Apr 14.
Intraoperative Blood Loss During Orthognathic Surgery: A Comparison of Remifentanil-Based Anesthesia With Sevoflurane or Isoflurane.
Wakasugi Y, Matsuura N, Ichinohe T.

エンバーゴ期間が設定されています。

https://www.elsevier.com/journals/journal-of-oral-and-maxillofacial-surgery/0278-2391/guide-for-authors#13700

2016年12月頃に登録します。(2016.01.28)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/4985

登録しました。(2019.11.08)
posted by irucaa at 11:59| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Expression of BMI1 and ZEB1 in epithelial-mesenchymal transition of tongue squamous cell carcinoma

いるかです。

Oncol Rep. 2015 Aug;34(2):771-8. doi: 10.3892/or.2015.4032. Epub 2015 Jun 5.
Expression of BMI1 and ZEB1 in epithelial-mesenchymal transition of tongue squamous cell carcinoma.
Kurihara K
PMID: 26043676 [PubMed - in process]

http://www.spandidos-publications.com/pages/info_for_authors

エンバーゴ6か月、出版社版の利用が可能です。
2016年6月頃に登録します。(2016.02.08)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/4984

登録しました。(2019.11.08)
posted by irucaa at 09:40| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

歯科口腔外科領域における漢方治療のエビデンス

いるかです。

歯科口腔外科領域における漢方治療のエビデンス(原著論文)
王 宝禮, 砂川 正隆, 山口 孝二郎, 亀山 敦史, 金子 明寛
歯科薬物療法 (0288-1012)34巻1号 Page23-30(2015.04)

亀山先生より、登録の許諾をいただきました。

学会事務局にリポジトリ登録についての確認依頼をしました。(2018.08.13)

・機関リポジトリへの登録を許諾する
・登録するファイルはホームページ掲載のPDFファイル
・登録・公開する時期はいつでも良い
・登録希望論文ごとの許諾は不要

以上の回答をいただきました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/4563

登録しました。(2018.08.17)
posted by irucaa at 15:11| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

N-acetyl cysteine alleviates inflammatory reaction of oral epithelial cells to poly (methyl methacrylate) extract

いるかです。

Acta Odontol Scand. 2015 Nov;73(8):616-25. doi: 10.3109/00016357.2015.1021834. Epub 2015 Apr 27.
N-acetyl cysteine alleviates inflammatory reaction of oral epithelial cells to poly (methyl methacrylate) extract.
Nishimiya H, Yamada M, Ueda T, Sakurai K.
PMID: 25915728 [PubMed - in process]

学位論文としてご提供いただきました。

https://authorservices.taylorandfrancis.com/sharing-your-work/

12ヶ月のエンバーゴが設定されています。
2016年11月頃に登録します。(2015.08.11)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3415

学位論文として登録しました。(2018.08.15)
posted by irucaa at 13:31| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

Er:YAGレーザー照射歯質へのレジン接着における問題点

いるかです。

Er:YAGレーザー照射歯質へのレジン接着における問題点
亀山 敦史(東京歯科大学 保存修復学講座), 春山 亜貴子, 加藤 純二
日本レーザー歯学会誌 (0917-7450)28巻1号 Page1-8(2017.04)

亀山先生より出版社版PDFが提供されました。

■一般社団法人日本レーザー歯学会誌投稿規定
http://jsld.jp/pdf/toukoukitei.pdf

著者の電子的公開・転載は,本誌発行後 6 ヶ月を経過し,非営利サイトに限り全文の転載を認めることとし,本学会への届け出は不用とする。

との記載があるので、出版社版PDFを登録・公開しました。(2018.08.09)
posted by irucaa at 12:27| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

紫色半導体レーザーを用いた光重合型レジン系材料の硬化とその特性

いるかです。

紫色半導体レーザーを用いた光重合型レジン系材料の硬化とその特性
亀山 敦史(東京歯科大学 口腔健康臨床科学講座), 春山 亜貴子
日本レーザー歯学会誌 (0917-7450)24巻2号 Page61-67(2013.08)

亀山先生より出版社版PDFが提供されました。

■一般社団法人日本レーザー歯学会誌投稿規定
http://jsld.jp/pdf/toukoukitei.pdf

著者の電子的公開・転載は,本誌発行後 6 ヶ月を経過し,非営利サイトに限り全文の転載を認めることとし,本学会への届け出は不用とする。

との記載があるので、出版社版PDFを登録・公開しました。(2018.08.06)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/4561

亀山先生、ありがとうございました。
posted by irucaa at 17:03| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする