DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2011年10月25日

「Shibboleth環境の構築」出張報告

いるかです。

閲覧係の阿部さんが、「Shibboleth環境の構築」に参加してきたので、報告してもらいました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成23年度第2回情報処理技術セミナー「Shibboleth環境の構築」
8月4日(木)〜5日(金)国立情報学研究所 20 階・実習室
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学術認証フェデレーション(学認:GakuNin)にて採用されている認証プラットフォームであるShibbolethの構築を実習にて研修してきました。電子ジャーナルやデータベースを提供するサービスプロバイダ(SP)、認証基盤を提供するアイデンティティプロバイダー(IdP)、両方の環境を構築することにより、それぞれがどのような仕組みで動作するのかを理解することができました。

図書館としてはIdPサーバーの構築をすることで、電子ジャーナルやデータベースを自宅などの学内LAN以外の環境からもアクセス可能になるため、導入に向けて検討を進めていくべきだと思いました。導入にあたっては外部公開用のサーバーとSSL証明書が必要になります。現在リプレース予定中のOPACサーバーに導入できれば一番効率が良いと思いました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/joho-karuizawa/h23/curritxt.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

阿部さん、お疲れ様でした。
posted by irucaa at 15:02| 出張報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする