DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2011年10月12日

「日本医学図書館協会第18回基礎研修会」出張報告

いるかです。

市川総合病院分館の狩野さんが、「日本医学図書館協会第18回基礎研修会」に参加してきたので、報告してもらいました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本医学図書館協会第18回基礎研修会
8月3日(水)〜5日(金)東京慈恵会医科大学
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3日間で講義1〜7と基調講演、グループ討議・発表がありました。

講義は、医学図書館協会の活動について、図書、情報検索(PubMed、医中誌)、電子リソース、雑誌、相互貸借についての基本的な内容でした。基本的な内容ですが、普段あまり使わないために忘れてしまっていたことや、なんとなくわかっていたものについても復習できました。特に文献検索は、確認作業として使うことが多く、通常の検索方法が少し不安だったので、勉強になりました。

基調講演は愛知淑徳大学人間情報学部の山崎茂明先生による「医学文献の世界に耳を傾ける」でした。URMの経緯や、重複投稿、ゴースト・オーサーシップなどの文献における諸問題について知ることができました。

グループ討議は、集まったメンバーの抱えている問題や、知りたい情報について、特に選書や除籍について話し合いました。大学図書館、病院図書室、専門学校図書室、公共図書館と、様々な館種の担当者が集まったため、方法も様々で参考になりました。館種によって利用者が違うため、選書方法やリクエストへの対応が異なるのは当然という意見が出ましたが、逆に、除籍についてはどの館も大まかな基準(汚損・破損・不明本等)しかなく、医学図書館協会で明確な基準を作成してほしいという意見が出ました。

色々な館種・地域の方の意見を聞くことができて、とても有意義な時間を過ごすことができました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jmla/event/kako/kiso.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

狩野さん、お疲れ様でした。
posted by irucaa at 11:34| 出張報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする