DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2020年04月28日

A Hybrid Technique to Manage a Large Perigraft Seroma after an Open Abdominal Aortic Aneurysm Repair: A Case Report.

いるかです。

A Hybrid Technique to Manage a Large Perigraft Seroma after an Open
Abdominal Aortic Aneurysm Repair: A Case Report.
Ono S, Obara H, Hagiwara K, Saida F, Oshiro K, Matsubara K, Shibutani
S, Kitagawa Y.
Ann Vasc Surg. 2019 Apr;56:352.e1-352.e4. doi:
10.1016/j.avsg.2018.07.073. Epub 2018 Oct 18.
PMID: 30342215

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/78476/external-embargo-list.pdf

2020年4月頃に登録します。(2019.12.11)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5105

公開しました。(2020.04.28)
posted by irucaa at 16:12| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

Micro- and nano-bone analyses of the human mandible coronoid process and tendon-bone entheses.

いるかです。

Micro- and nano-bone analyses of the human mandible coronoid process
and tendon-bone entheses.
Kasahara M, Matsunaga S, Someya T, Kitamura K, Odaka K, Ishimoto T,
Nakano T, Abe S, Hattori M.
J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2020 Mar 19. doi:
10.1002/jbm.b.34609. [Epub ahead of print]
PMID: 32190994

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2021年3月以降に登録します。(2020.04.14)
posted by irucaa at 14:23| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Influence of chewing on expression level of human beta-defensin 2 and secretory immunoglobulin A in the epithelium.

いるかです。

Influence of chewing on expression level of human beta-defensin 2 and secretory immunoglobulin A in the epithelium.
Ishida A, Wada T, Ogami K, Ueda T, Sakurai K.
J Prosthodont Res. 2019 Apr;63(2):162-166. doi: 10.1016/j.jpor.2018.11.002. Epub 2018 Dec 8.
PMID: 30529003

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2020年4月頃に登録します。(2019.12.05)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5102

登録しました。(2020.04.14)
posted by irucaa at 14:16| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする