DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2019年12月27日

Effect of Topical Anesthesia Using an Adhesive Patch and Anesthetic Solution.

Anesth Prog. Summer 2017;64(2):73-79. doi: 10.2344/anpr-64-02-05.
Effect of Topical Anesthesia Using an Adhesive Patch and Anesthetic Solution.
Kishimoto T, Matsuura N, Kasahara M, Ichinohe T



著者版原稿を提供していただきました。

https://www.anesthesiaprogress.org/userimages/ContentEditor/1521476367686/Anesthesia-Progress-Copyright-Form.pdf


グリーンOAに関する記載がなかったため
登録できませんでした...
posted by irucaa at 15:10| 登録不可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Remifentanil in Combination With Propofol Is Suitable for Use in the Dental Outpatient Setting.

Anesth Prog. Fall 2016;63(3):116-21. doi: 10.2344/15-00011.1.
Remifentanil in Combination With Propofol Is Suitable for Use in the Dental Outpatient Setting.
Maeno M, Fukuda K, Sakamoto T, Koukita Y, Ichinohe T.


著者版原稿を提供していただきました。

https://www.anesthesiaprogress.org/userimages/ContentEditor/1521476367686/Anesthesia-Progress-Copyright-Form.pdf


グリーンOAに関する記載がなかったため
登録できませんでした...
posted by irucaa at 12:49| 登録不可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Comparison of adhesiveness of chewing gum to hard and soft denture base materials.

いるかです。

Wada T, Ueda T, Morita K, Nezu Y, Kubo K, Kamba K, Sakurai K.
Comparison of adhesiveness of chewing gum to hard and soft denture base materials.
J Prosthodont Res. 2020 Oct;64(4):380-383.
doi: 10.1016/j.jpor.2019.10.008. Epub 2019 Nov 29. PMID: 31787578.

著者版原稿を提供していただきました。

https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2020年11月以降に登録します。(2019.12.27)

2021年10月頃に登録します。(2020.11.02)
posted by irucaa at 08:58| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

Effect of mechanical and chemical cleaning on surface roughness of silicone soft relining material.

いるかです。

Saito T, Wada T, Kubo K, Ueda T, Sakurai K.
Effect of mechanical and chemical cleaning on surface roughness of silicone soft relining material.
J Prosthodont Res. 2020 Oct;64(4):373-379.
doi: 10.1016/j.jpor.2019.10.007. Epub 2019 Nov 29. PMID: 31787576.

著者版原稿を提供していただきました。

2020年11月以降に登録します。(2019.12.26)

2021年10月頃に登録します。(2020.11.02)
posted by irucaa at 16:56| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

Which Factors Affect the Long-Term Survival of Patients With Oral Squamous Cell Carcinoma With Distant Metastasis?

いるかです。

Sekikawa S, Kawachi H, Ogane S, Saito H, Takano M, Nomura T, Katakura A, Takano N, Shibahara T.
Which Factors Affect the Long-Term Survival of Patients With Oral Squamous Cell Carcinoma With Distant Metastasis?
J Oral Maxillofac Surg. 2020 Mar;78(3):469-478.
doi: 10.1016/j.joms.2019.10.018. Epub 2019 Oct 31. PMID: 31765634.

著者版原稿を提供していただきました。

https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2020年10月以降に登録します。(2019.12.24)

2021年3月頃に登録します。(2020.10.08)
posted by irucaa at 15:39| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

K-line (-) in the neck-flexed position affects surgical outcomes in patients with ossification of the posterior longitudinal ligament after muscle-preserving selective laminectomy

いるかです。

Nori S, Aoyama R, Ninomiya K, Suzuki S, Anazawa U, Shiraishi T.
K-line (-) in the neck-flexed position affects surgical outcomes in patients with ossification of the posterior longitudinal ligament after muscle-preserving selective laminectomy.
J Orthop Sci. 2020 Sep;25(5):770-775.
doi: 10.1016/j.jos.2019.10.002. Epub 2019 Oct 28. PMID: 31672381.

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/78476/external-embargo-list.pdf

2020年10月以降に登録します。(2019.12.13)

2021年9月頃に登録します。(2020.11.02)
posted by irucaa at 17:02| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

Successful endovascular isolation of a huge true anterior tibial artery aneurysm by the bi-directional approach in a young patient.

いるかです。

Ono S, Shimogawara T, Yamazoe S, Matsui J.
Successful endovascular isolation of a huge true anterior tibial artery aneurysm by the bi-directional approach in a young patient. Catheter Cardiovasc Interv. 2020 May 1;95(6):E175-E178.
doi: 10.1002/ccd.28562. Epub 2019 Oct 22. PMID: 31638734.

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2020年10月以降に登録します。(2019.12.11)
2021年5月頃に登録します。(2020.10.07)
posted by irucaa at 16:10| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

National Survey on Bisphosphonate-Related Osteonecrosis of the Jaws in Japan

いるかです。

National Survey on Bisphosphonate-Related Osteonecrosis of the Jaws in Japan.
Shibahara T, Morikawa T, Yago K, Kishimoto H, Imai Y, Kurita K.
J Oral Maxillofac Surg. 2018 Oct;76(10):2105-2112. doi: 10.1016/j.joms.2018.04.009. Epub 2018 Apr 14.
PMID: 29746838

著者版原稿を提供していただきました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5045

公開しました。(2019.12.05)
posted by irucaa at 14:52| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

Treponema denticola invasion into human gingival epithelial cells.

いるかです。

Treponema denticola invasion into human gingival epithelial cells.
Inagaki S, Kimizuka R, Kokubu E, Saito A, Ishihara K.
Microb Pathog. 2016 May;94:104-11. doi: 10.1016/j.micpath.2016.01.010. Epub 2016 Jan 22.
PMID: 26806000

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/78476/external-embargo-list.pdf

2017年5月頃に登録します。(2016.10.17)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5043

登録しました。(2019.12.03)
posted by irucaa at 11:58| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

Biocompatibility of a titanium dioxide-coating method for denture base acrylic resin.

いるかです。

Gerodontology. 2015 Jul 30. doi: 10.1111/ger.12204. [Epub ahead of print]
Biocompatibility of a titanium dioxide-coating method for denture base acrylic resin.
Tsuji M, Ueda T, Sawaki K, Kawaguchi M, Sakurai K.
PMID: 26223290 [PubMed - as supplied by publisher]

http://olabout.wiley.com/WileyCDA/Section/id-820227.html

12ヶ月のエンバーゴが設定されています。

巻号付与後から12か月後に登録します。(2016.02.05)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/4988

公開しました。(2019.12.02)
posted by irucaa at 10:36| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする