DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2012年12月26日

「第19回医学図書館研究会・継続教育コース」出張報告

いるかです。

整理係の伴さんが、「第19回医学図書館研究会・継続教育コース」に参加してきたので、報告してもらいました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第19回医学図書館研究会・継続教育コース
平成24年11月5日(月)〜7日(水)東京医科歯科大学
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 医学図書館研究会について
研究会では、12人の発表者が、それぞれ日頃の調査や業務における研究を発表した。12分以内の発表で、緊張のせいか途中で無言になる発表者、時間内に終わらなくて焦っている発表者、そして自分の研究した事に対して、自慢げに!?発表する発表者もいて、いろいろな面で興味深く感じた。

私がこの研究会で、一番聞きたかった発表は、私が産まれ、そして息子・娘たちも産まれた習志野済生会病院(旧国立習志野病院)図書室の佐藤さんの発表である。佐藤さんの発表は、病院図書室における事例であり、中でも「看護師さんへの対応」について話してくださった。司書1名、常勤事務職員1名しかいない中で運営していかなければならない苦労・大変さがものすごく伝わった。また看護師さんが忙しい中で、司書はどのようにサポートしていくかについて、私自身も大変勉強になり、これからの千葉校舎における図書館の役割を改めて考えていかなければならないと思った。また済生会病院と同じように、千葉病院・市川総合病院もスタッフ用図書室、患者用図書室をつくってもいいかなと思った。(いろいろと制限はあるかもしれないが)

その他にも黛くん(東邦大)の「XooNIps(ズーニプス)を利用した東邦大学学術リポジトリの構築」や森さん(奈良県立医科大学)「奈良県立医科大学附属図書館におけるTwitterによる情報発信」の発表もなかなか面白く興味深い発表であった。

2. 継続教育コースについて
継続教育コースでは、お二方の講演と専門職として必要な技術の習得を目的とした文献検索講習(医中誌、PubMed)であった。

残念ながら、文献検索講習の方は、限られた時間(80分)で、また中身が多いというか大きいということもあり、受講者ほぼ全員の人がついていけていないような気がした。サイトに載っている、スライド・配布資料を基に今後復習していくしかないと思う。

講演については、やはり研究会での発表者とは比べものにはならないほど、分かりやすい発表であった。上村先生の講演では、ピロリ菌と胃がんの関連について興味深く説明してくれて、「バリウムの検査」は意味がないということには正直驚いた。確かにバリウムの検査も受診率が低いので、私も来年の健康診断では、「バリウムの検査」(胃検診)はやめようかなと思った。富田先生の講演もまた研究会の佐藤さんの発表と同様、非常にためになった。看護師の資格を持ち、並びに図書館情報学の専門の富田先生の発表は、看護師の立場から見た図書館員の存在について分かりやすく説明してくれて、「図書館員は、看護師の最強の支援者になる」ということには深く感銘した。

今後の東京歯科大学3病院の看護師の図書館に対する認識不足に関して、考えていかなければならないということを改めて感じた発表であった。

http://plaza.umin.ac.jp/~jmla/event/res/res.html
posted by irucaa at 11:40| 出張報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

Morphological evidence of paracellular transport in perfused rat submandibular glands.

いるかです。

J Med Invest. 2009;56 Suppl:395-7.
Morphological evidence of paracellular transport in perfused rat submandibular glands.
Hashimoto S, Murakami M.
PMID: 20224237 [PubMed - indexed for MEDLINE]

リポジトリ登録の許諾をいただきました。

編集部に問い合わせたところ、J-Stageファイルを登録しても良いとのことでした。(2012.08.02)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2937

公開しました。(2012.12.18)

橋本先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

見明康雄先生と森口美津子先生が2012年度硬組織再生生物学会賞を受賞しました

いるかです。

口腔超微構造学講座の見明康雄先生と森口美津子先生が、2012年度硬組織再生生物学会賞を受賞されたニュースが学内広報誌に掲載されていました。

■第21回 硬組織再生生物学会 学術大会
http://www.htbiol.gr.jp/Japanese/5-gakkaisyo/Gakai.html

受賞論文は出版社版の登録が可能なタイトルで、登録の許諾を頂き、
リポジトリに登録しました。

■Immunolocalization of the Factors Related to Wnt Signaling Pathway in Developing Rat Molar
http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2935

見明先生、森口先生、おめでとうございます!
posted by irucaa at 18:05| トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Immunolocalization of the Factors Related to Wnt Signaling Pathway in Developing Rat Molar

いるかです。

Journal of Hard Tissue Biology, 2011;20(3):185–194.
Immunolocalization of the Factors Related to Wnt Signaling Pathway in Developing Rat Molar.
Moriguchi, M., Yamada, M., Miake, Y., & Nitta, Y.

出版社版の登録が可能なタイトルで、登録の許諾をいただくことが出来ました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2935

登録しました(2012.12.06)

森口先生、ありがとうございました。
posted by irucaa at 18:01| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

Comparison of various methods for quantification of apparent diffusion coefficient of head and neck lesions with HASTE diffusion-weighted MR imaging.

いるかです。

Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2012 Aug;114(2):266-76.
Comparison of various methods for quantification of apparent diffusion
coefficient of head and neck lesions with HASTE diffusion-weighted MR
imaging.
Sakamoto J, Sasaki Y, Otonari-Yamamoto M, Sano T.
PMID: 22769413 [PubMed - in process]

著者版原稿を提供していただきました。(2012.07.23)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2936

登録しました。(2012.12.12)

坂本先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

「rliaisonプロジェクトワークショップ」出張報告

いるかです。

閲覧係の阿部さんが、「rliaisonプロジェクトワークショップ」に参加してきたので、報告してもらいました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
rliaisonプロジェクトワークショップ
9月11日(火)東京歯科大学水道橋校舎本館13F
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月11日(火)、本学と共催で開催された「DRF-WS rliaison」に、会場担当のスタッフとして参加しましたが、それぞれの発表を聞くこともできました。特に印象に残った発表について報告いたします。

========
「専属司書制+学年担任司書制:学習支援活動への敷衍と展開(発表者:小樽商科大学・南絵里子)」
========
常勤図書館員5名の体制で教員126名に対して、1教員に2図書館員を担当とし、「顔が見える」図書館を目指しているとのことであり、年に一度は担当している教員の研究室を訪問し、ブックガイドへのコラム寄稿依頼等、図書館サービス全般に関する話を伺っているとのこと。その成果は、図書館会議で発表(館長も同席)しており、館内での情報共有として、非常に有効であるとのことであった。また、同訪問には他部署の研究協力係も同行していることも特徴的である。

さらに、それを押し進めた「学年担任司書制」も印象的であった。1学年550名程度とのことであるが、Facebookを利用した情報提供や新入生向け講習会を担任である図書館員が実施しているとのことである。

研究室訪問や他部署連携は「大学図書館の整備について(審議のまとめ)」*1 や「図書館職員の人事政策課題について(提言)」*2 にて言及されており、機関リポジトリ普及や図書館スタッフの人材養成においては効果的な手段であると思われる。また、本学自己点検・自己評価の到達目標には「学生の学習活動を支援するための環境を整備し・・・」と、あるわけだが、来年以降、校舎・図書館が学年別に分散される本学において「学年担任司書制」は学習活動支援に適した仕組みかもしれないと感じた。

*1 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/attach/1301610.htm
*2 http://www.janul.jp/j/projects/hr/jinjiseisakukadai.pdf

http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?rliaison_Workshop

阿部さん、お疲れ様でした。
posted by irucaa at 11:55| 出張報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

Population genetic study of six closely linked groups of X-STRs in a Japanese population.

いるかです。

Int J Legal Med. 2011 Sep 15. [Epub ahead of print]
Population genetic study of six closely linked groups of
X-STRs in a Japanese population.
Samejima M, Nakamura Y, Minaguchi K.
PMID: 21918845

著者原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。(2011.10.03)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2934

登録しました。(2012.12.06)

鮫島先生、ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

Two-year follow-up after implantation of diffractive aspheric silicone multifocal intraocular lenses.

いるかです。

Two-year follow-up after implantation of diffractive aspheric silicone multifocal intraocular lenses.
Yoshino M, Bissen-Miyajima H, Oki S, Minami K, Nakamura K.
Acta Ophthalmol. 2011 Nov;89(7):617-21. doi: 10.1111/j.1755-3768.2009.01792.x. Epub 2010 Apr 6.

著者版原稿を提供していただきました。(2010.06.18)

PMID: 20384606 [PubMed - indexed for MEDLINE]

http://www.blackwellpublishing.com/pdf/elf_aos.pdf

12ヶ月の掲載猶予期間があります。2012年11月頃に登録します。(2012.04.23)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/2933

登録しました。(2012.12.03)

吉野先生ありがとうございました。
posted by irucaa at 00:00| Comment(0) | 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする