DSpace

2022年06月25日

Comparison of artificial tooth position in dentures fabricated by heat-curing and additive manufacturing

いるかです。

Tasaka A, Okano H, Odaka K, Matsunaga S, Goto TK, Abe S, Yamashita S.
Comparison of artificial tooth position in dentures fabricated by
heat-curing and additive manufacturing.
Aust Dent J. 2021 Jan 7.
doi: 10.1111/adj.12817. Epub ahead of print. PMID: 33411950.

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2022年1月以降に登録します。(2021.1.28)
2022年6月頃に登録します。(2022.02.03)

https://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5876

登録しました。(2022.06.25)
posted by irucaa at 16:01| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月07日

Keratinocytes from Gorlin Syndrome-induced pluripotent stem cells are resistant against UV radiation.

いるかです。

Morita N, Onodera S, Nakamura Y, Nakamura T, Takahashi SI, Nomura T, Azuma T.
Keratinocytes from Gorlin Syndrome-induced pluripotent stem cells are
resistant against UV radiation.
Med Mol Morphol. 2020 Aug 20.
doi: 10.1007/s00795-020-00264-4. Epub ahead of print. PMID: 32816116.

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.springer.com/gp/open-access/publication-policies/self-archiving-policy

2022年1月頃に登録します。(2020.10.23)
2022年6月頃に登録します。(2022.01.30)

https://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5872

登録しました。(2022.06.07)
posted by irucaa at 15:35| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Induced pluripotent stem cells from homozygous Runx2-deficient mice show poor response to vitamin D during osteoblastic differentiation

いるかです。

Aoki H, Suzuki E, Nakamura T, Onodera S, Saito A, Ohtaka M, Nakanishi M, Nishimura K, Saito A, Azuma T. Induced pluripotent stem cells from homozygous Runx2-deficient mice show poor response to vitamin D during osteoblastic differentiation. Med Mol Morphol. 2022 Apr 23. doi: 10.1007/s00795-022-00317-w. Epub ahead of print. PMID: 35461467.

著者版原稿を提供していただきました。

https://www.springer.com/gp/open-access/publication-policies/self-archiving-policy

2023年4月以降に登録します。(2022.06.07)
posted by irucaa at 11:22| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月03日

Endovascularly treated superficial femoral artery aneurysm rupture secondary to Campylobacter fetus bacteremia: A case report.

いるかです。

Ono S, Shimogawara T, Hasegawa H. Endovascularly Treated Superficial Femoral Artery Aneurysm Rupture Secondary to Campylobacter fetus Bacteremia: A Case Report. Ann Vasc Surg. 2021 Apr;72:664.e1-664.e6. doi: 10.1016/j.avsg.2020.10.014. Epub 2020 Nov 21. PMID: 33227459.

著者版原稿を提供していただきました。

https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2021年11月頃に登録します。(2020.11.28)
2022年4月頃に登録します。(2021.11.18)

https://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5869

登録しました。(2022.06.03)
posted by irucaa at 09:29| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月01日

Atlantoaxial stenosis after muscle-preserving selective laminectomy

いるかです。

Aoyama R, Yamane J, Ninomiya K, Takahashi Y, Kitamura K, Nori S, Suzuki S, Matsumoto S, Kato M, Ueda S, Anazawa U, Shiraishi T. Atlantoaxial stenosis after muscle-preserving selective laminectomy. J Clin Neurosci. 2022 Jun;100:124-130. doi: 10.1016/j.jocn.2022.04.013. Epub 2022 Apr 19. PMID: 35453100.

著者版原稿を提供していただきました。

https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2023年6月頃に登録します。(2022.6.1)
posted by irucaa at 16:08| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月24日

Localization of T-cell factor 4 positive fibroblasts and CD206-positive macrophages during skeletal muscle regeneration in mice

いるかです。

Ogawa Y, Yamamoto M, Sato M, Odaka K, Kasahara M, Hinata N, Sakiyama K, Abe S. Localization of T-cell factor 4 positive fibroblasts and CD206-positive macrophages during skeletal muscle regeneration in mice. Ann Anat. 2021 May;235:151694. doi: 10.1016/j.aanat.2021.151694. Epub 2021 Feb 8. PMID: 33571646.

著者版原稿を提供していただきました。

https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2022年5月頃に登録します。(2021.4.22)

https://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5851

登録しました。(2022.05.24)
posted by irucaa at 09:27| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月13日

Sialo-cutaneous fistula with ectopic submandibular gland sialolith, revealing a hidden ipsilateral enlarged and elongated styloid process: a consideration based on CT findings

いるかです。

Wakoh M, Goto TK, Matsuzaka K, Shibahara T, Kamio T. Sialo-cutaneous fistula with ectopic submandibular gland sialolith, revealing a hidden ipsilateral enlarged and elongated styloid process: a consideration based on CT findings. Oral Radiol. 2021 Apr;37(2):336-344. doi: 10.1007/s11282-020-00481-8. Epub 2020 Sep 9. PMID: 32909103.

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.springer.com/gp/open-access/publication-policies/self-archiving-policy

2021年9月以降に登録します。(2020.10.28)

2022年4月頃に登録します。(2021.07.12)

https://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5847

登録しました。(2022.04.13)
posted by irucaa at 12:44| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月05日

Development of a method for the identification of receptor activator of nuclear factor-κB+ populations in vivo.

いるかです。

Kawakami M, Yasuda H, Nishida D, Katakura A, Mizoguchi T.
Development of a method for the identification of receptor activator
of nuclear factor-κB+ populations in vivo.
J Oral Biosci. 2021 Mar;63(1):45-51.
doi: 10.1016/j.job.2021.01.009. Epub 2021 Jan 28. PMID: 33516894.

著者版原稿が提供されました。

https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2022年3月頃に登録します。(2021.3.16)

https://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5828

登録しました。(2022.03.05)
posted by irucaa at 14:25| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月17日

Survey of dental hygienists' and dental hygienist students' attitudes towards body identification tasks of unidentified human remains.

いるかです。

Ishikawa N, Yamasawa M, Kitamura K, Kuroda H, Yamamoto H.
Survey of dental hygienists' and dental hygienist students' attitudes
towards body identification tasks of unidentified human remains.
Int J Dent Hyg. 2021 Feb;19(1):99-105.
doi: 10.1111/idh.12469. Epub 2020 Oct 16. PMID: 32985069.

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2022年2月頃に登録します。(2021.02.09)

https://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5799

登録しました。(2022.02.17)
posted by irucaa at 11:59| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月10日

Features of mandibular cortical bone morphology in osteoporotic fracture patients

いるかです。

Suzuki T, Katsumata A, Mastumoto Y, Komatu M, Oomura Y, Okamura M,
Mizuno S, Anazawa U, Nomura T. Features of mandibular cortical bone
morphology in osteoporotic fracture patients. Oral Radiol. 2022 Feb 6.
doi: 10.1007/s11282-022-00596-0. Epub ahead of print. PMID: 35124765.

著者版原稿を提供していただきました。

https://www.springer.com/gp/open-access/publication-policies/self-archiving-policy

2023年2月以降に登録します。(2022.02.10)
posted by irucaa at 09:37| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする