DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2020年09月14日

Impact of enzyme-inducing anti-epilepsy drugs on lipid levels in elderly patients with epilepsy.

いるかです。

Okada S, Nishina M, Koizumi K, Katayama M, Inoue S, Suga S.
Impact of enzyme-inducing anti-epilepsy drugs on lipid levels in elderly
patients with epilepsy.
Epilepsy Res. 2020 Jul 15;166:106428.
doi: 10.1016/j.eplepsyres.2020.106428. Epub ahead of print. PMID: 32702537.

著者版原稿が提供されました。

https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2021年7月以降に登録します。(2020.09.14)
posted by irucaa at 15:13| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

Long-term outcomes of cultivated cell sheet transplantation for treating total limbal stem cell deficiency.

いるかです。

Shimazaki J, Satake Y, Higa K, Yamaguchi T, Noma H, Tsubota K.
Long-term outcomes of cultivated cell sheet transplantation for treating
total limbal stem cell deficiency.
Ocul Surf. 2020 Jun 26:S1542-0124(20)30102-6.
doi: 10.1016/j.jtos.2020.06.005. Epub ahead of print. PMID: 32599277.

原稿提供していただきました。

https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

12か月のエンバーゴなので、2021年10月頃に登録します。(2020.08.20)
posted by irucaa at 16:06| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

Study on bone quality in the human mandible-Alignment of biological apatite crystallites

いるかです。

Furukawa T, Matsunaga S, Morioka T, Nakano T, Abe S, Yoshinari M, Yajima Y.
Study on bone quality in the human mandible-Alignment of biological apatite crystallites.
J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2019 Apr;107(3):838-846.
doi: 10.1002/jbm.b.34180. Epub 2018 Oct 8. PMID: 30296354.

著者版原稿を提供していただきました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5136

公開しました。(2020.08.14)
posted by irucaa at 15:30| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

Micrographic and spectroscopic analyses of the application of methyl methacrylate-p-styrene sulfonic acid copolymer-based desensitizing agents to bovine dentin.

いるかです。

Asian Pacific journal of dentistry : APJD 19(2), 51-57, 2019-07
Oral Health Association of Japan
Micrographic and spectroscopic analyses of the application of methyl methacrylate-p-styrene
sulfonic acid copolymer-based desensitizing agents to bovine dentin.
Atsushi Kameyama, Akiko Haruyama, Yuichi Nakazawa, Masahiro Furusawa, and Takashi Muramatsu

先生から掲載許諾をいただきました。

また、発行事務取扱の口腔保健協会に登録許諾要件を確認しました。

問1.機関リポジトリへの登録方針について教えてください。
許諾する

問2.ご許諾いただける場合、登録するファイルについて教えてください。
ホームページ掲載のPDFファイル等

問3.登録・公開する時期について教えてください。
いつでも良い

問4.今後の問い合わせについて教えてください。
登録希望論文ごとに許諾が必要

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5134

登録しました。(2020.08.11)
posted by irucaa at 09:26| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

Survival rate of removable partial dentures with complete arch reconstruction using double crowns: a retrospective study.

いるかです。

Yoshino K, Ito K, Kuroda M, Sugihara N. Survival rate of removable partial dentures with complete arch reconstruction using double crowns: a retrospective study.
Clin Oral Investig. 2020 Apr;24(4):1543-1549.
doi: 10.1007/s00784-019-03030-8. Epub 2019 Jul 27. PMID: 31352518.

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.springer.com/gp/open-access/publication-policies/self-archiving-policy

2020年7月以降に登録します。(2019.12.05)

2021年4月頃に登録します。(2020.8.4)
posted by irucaa at 14:11| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Accuracy of removable partial denture framework fabricated by casting with a 3D printed pattern and selective laser sintering.

いるかです。

Tasaka A, Shimizu T, Kato Y, Okano H, Ida Y, Higuchi S, Yamashita S. Accuracy of removable partial denture framework fabricated by casting with a 3D printed pattern and selective laser sintering.
J Prosthodont Res. 2020 Apr;64(2):224-230.
doi: 10.1016/j.jpor.2019.07.009. Epub 2019 Aug 26. PMID: 31466919.

著者版原稿を提供していただきました。

2020年8月頃に登録します。(2019.11.07)

2021年4月頃に登録します。(2020.8.4)
posted by irucaa at 00:00| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

Alkaline extracellular conditions promote the proliferation and mineralization of a human cementoblast cell line.

いるかです。

Alkaline extracellular conditions promote the proliferation and
mineralization of a human cementoblast cell line.
Muramatsu T, Kashiwagi S, Ishizuka H, Matsuura Y, Furusawa M, Kimura
M, Shibukawa Y.
Int Endod J. 2019 May;52(5):639-645. doi: 10.1111/iej.13044. Epub 2018 Dec 11.
PMID: 30447154

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2020年5月頃に登録します。(2019.12.18)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5124

公開しました。(2020.06.02)
posted by irucaa at 15:04| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

A Hybrid Technique to Manage a Large Perigraft Seroma after an Open Abdominal Aortic Aneurysm Repair: A Case Report.

いるかです。

A Hybrid Technique to Manage a Large Perigraft Seroma after an Open
Abdominal Aortic Aneurysm Repair: A Case Report.
Ono S, Obara H, Hagiwara K, Saida F, Oshiro K, Matsubara K, Shibutani
S, Kitagawa Y.
Ann Vasc Surg. 2019 Apr;56:352.e1-352.e4. doi:
10.1016/j.avsg.2018.07.073. Epub 2018 Oct 18.
PMID: 30342215

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/78476/external-embargo-list.pdf

2020年4月頃に登録します。(2019.12.11)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5105

公開しました。(2020.04.28)
posted by irucaa at 16:12| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

Micro- and nano-bone analyses of the human mandible coronoid process and tendon-bone entheses.

いるかです。

Micro- and nano-bone analyses of the human mandible coronoid process
and tendon-bone entheses.
Kasahara M, Matsunaga S, Someya T, Kitamura K, Odaka K, Ishimoto T,
Nakano T, Abe S, Hattori M.
J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2020 Mar 19. doi:
10.1002/jbm.b.34609. [Epub ahead of print]
PMID: 32190994

著者版原稿を提供していただきました。

https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing/self-archiving.html

2021年3月以降に登録します。(2020.04.14)
posted by irucaa at 14:23| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Influence of chewing on expression level of human beta-defensin 2 and secretory immunoglobulin A in the epithelium.

いるかです。

Influence of chewing on expression level of human beta-defensin 2 and secretory immunoglobulin A in the epithelium.
Ishida A, Wada T, Ogami K, Ueda T, Sakurai K.
J Prosthodont Res. 2019 Apr;63(2):162-166. doi: 10.1016/j.jpor.2018.11.002. Epub 2018 Dec 8.
PMID: 30529003

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.elsevier.com/__data/promis_misc/external-embargo-list.pdf

2020年4月頃に登録します。(2019.12.05)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/5102

登録しました。(2020.04.14)
posted by irucaa at 14:16| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする