DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2016年11月01日

オカジマ・フォリア・アナトミカ・ヤポニカよりご連絡いただきました

Okajimas Folia Anatomica Japonicaの機関リポジトリ登録方針について、オカジマ・フォリア・アナトミカ・ヤポニカに問い合わせました。

・機関リポジトリへの登録を許諾する
・登録するファイルはホームページ掲載のPDFファイル
・登録・公開する時期はいつでも良い
・登録希望論文ごとの許諾は不要

ありがとうございました。(2016.11.01)
posted by irucaa at 18:24| トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

Involvement of luxS in Biofilm Formation by Capnocytophaga ochracea

いるかです。

Involvement of luxS in Biofilm Formation by Capnocytophaga ochracea.
Hosohama-Saito K, Kokubu E, Okamoto-Shibayama K, Kita D, Katakura A, Ishihara
K.
PLoS One.2016 Jan 22;11(1):e0147114. doi: 10.1371/journal.pone.0147114. PubMed PMID:26800339; PubMed Central PMCID: PMC4723239.

https://www.plos.org/open-access
出版社版登録可。CCライセンスです。

http://hdl.handle.net/10130/4076

登録しました。(2016.10.25)
posted by irucaa at 16:36| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Involvement of the Type IX Secretion System in Capnocytophaga ochracea Gliding Motility and Biofilm Formation

いるかです。

Involvement of the Type IX Secretion System in Capnocytophaga ochracea Gliding
Motility and Biofilm Formation.
Kita D, Shibata S, Kikuchi Y, Kokubu E, Nakayama K, Saito A, Ishihara K.
Appl Environ Microbiol. 2016 Jan 4;82(6):1756-66.
doi: 10.1128/AEM.03452-15. PubMed PMID: 26729712; PubMed Central PMCID:
PMC4784043.

http://hdl.handle.net/10130/4075

登録しました。(2016.10.25)
posted by irucaa at 15:31| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

Dentilisin involvement in coaggregation between Treponema denticola and Tannerella forsythia

いるかです。

Dentilisin involvement in coaggregation between Treponema denticola and Tannerella forsythia.
Sano Y, Okamoto-Shibayama K, Tanaka K, Ito R, Shintani S, Yakushiji M, Ishihara K.
Anaerobe. 2014 Dec;30:45-50. doi: 10.1016/j.anaerobe.2014.08.008. Epub 2014 Aug 23.
PMID: 25152229

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/4072

登録しました。(2016.10.24)
posted by irucaa at 16:34| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Resin Bonding of Self-Etch Adhesives to Bovine Dentin Bleached from Pulp Chamber

いるかです。

Resin Bonding of Self-Etch Adhesives to Bovine Dentin Bleached from Pulp Chamber.
Haruyama A, Kameyama A, Kato J, Takemoto S, Oda Y, Kawada E, Takahashi T, Furusawa M.
Biomed Res Int. 2016;2016:1313586. PubMed PMID: 27747220.

CCライセンスです。
https://www.hindawi.com/journals/apm/guidelines/

出版社版PDFを提供していただきました。

http://hdl.handle.net/10130/4071

亀山先生ありがとうございました。(2016.10.24)
posted by irucaa at 15:21| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

Treponema denticola invasion into human gingival epithelial cells.

いるかです。

Treponema denticola invasion into human gingival epithelial cells.
Inagaki S, Kimizuka R, Kokubu E, Saito A, Ishihara K.
Microb Pathog. 2016 May;94:104-11. doi: 10.1016/j.micpath.2016.01.010. Epub 2016 Jan 22.
PMID: 26806000

著者版原稿を提供していただきました。

エンバーゴ12ヶ月が設定されています。
https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0005/78476/external-embargo-list.pdf

2017年5月頃に登録します。(2016.10.17)
posted by irucaa at 11:58| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

Clinical observation of the tooth surface during air-drying of self-etching primer under 3D video microscope

いるかです。

Clinical observation of the tooth surface during air-drying of self-etching primer under 3D video microscope
Hirokazu Abo, Atsushi KameyamaEmail author and Akiko Haruyama
Applied Adhesion Science20164:7

出版社版PDFを提供していただきました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3966

亀山先生ありがとうございました。(2016.06.13)
posted by irucaa at 15:08| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

Evaluation of infiltrative growth pattern in squamous cell carcinoma of the tongue: Comparison with Yamamoto–Kohama classification

いるかです。

Ryuta Osaka, Nobuharu Yamamoto, Takeshi Nomura, Nobuo Takano, Takahiko Shibahara, Kenichi Matsuzaka
Evaluation of infiltrative growth pattern in squamous cell carcinoma of the tongue: Comparison with Yamamoto–Kohama classification.
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, 27(2), 250–254, 2015.
DOI: 10.1016/j.ajoms.2014.10.004

学位論文として著者版原稿が提出されました。

http://hdl.handle.net/10130/3625

公開しました。(2016.03.25
posted by irucaa at 15:08| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

電子カルテシステムと連携したNCD対応手術症例テンプレートの開発

いるかです。

電子カルテシステムと連携したNCD対応手術症例テンプレートの開発(会議録)
正木 史明(東京歯科大学附属市川総合病院 医療情報システム管理課), 藤田 洋之, 片倉 朗, 松井 淳一, 山本 勇一郎, 宮川 力, 松田 敏寛, 榎本 邦彦
医療情報学連合大会論文集 (1347-8508)31回 Page400-403(2011.11)

転載申請書にて学会に許諾をいただきました。

公開しました。(2016.02.18)

http://hdl.handle.net/10130/3937
posted by irucaa at 12:03| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子カルテを活用した千葉県共用がん地域医療連携パスの運用状況と課題

いるかです。

電子カルテを活用した千葉県共用がん地域医療連携パスの運用状況と課題(会議録)
正木 史明(東京歯科大学附属市川総合病院 医療情報システム管理課), 大塚 光宏, 松井 淳一
医療情報学連合大会論文集 (1347-8508)32回 Page1122-1124(2012.11)

転載申請書にて学会に許諾をいただきました。

公開しました。(2016.02.18)

http://hdl.handle.net/10130/3936
posted by irucaa at 12:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする