DSpace
東京歯科大学 | 図書館

2016年06月13日

Clinical observation of the tooth surface during air-drying of self-etching primer under 3D video microscope

いるかです。

Clinical observation of the tooth surface during air-drying of self-etching primer under 3D video microscope
Hirokazu Abo, Atsushi KameyamaEmail author and Akiko Haruyama
Applied Adhesion Science20164:7

出版社版PDFを提供していただきました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3966

亀山先生ありがとうございました。(2016.06.13)
posted by irucaa at 15:08| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

Evaluation of infiltrative growth pattern in squamous cell carcinoma of the tongue: Comparison with Yamamoto–Kohama classification

いるかです。

Ryuta Osaka, Nobuharu Yamamoto, Takeshi Nomura, Nobuo Takano, Takahiko Shibahara, Kenichi Matsuzaka
Evaluation of infiltrative growth pattern in squamous cell carcinoma of the tongue: Comparison with Yamamoto–Kohama classification.
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, 27(2), 250–254, 2015.
DOI: 10.1016/j.ajoms.2014.10.004

学位論文として著者版原稿が提出されました。

http://hdl.handle.net/10130/3625

公開しました。(2016.03.25
posted by irucaa at 15:08| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

電子カルテシステムと連携したNCD対応手術症例テンプレートの開発

いるかです。

電子カルテシステムと連携したNCD対応手術症例テンプレートの開発(会議録)
正木 史明(東京歯科大学附属市川総合病院 医療情報システム管理課), 藤田 洋之, 片倉 朗, 松井 淳一, 山本 勇一郎, 宮川 力, 松田 敏寛, 榎本 邦彦
医療情報学連合大会論文集 (1347-8508)31回 Page400-403(2011.11)

転載申請書にて学会に許諾をいただきました。

公開しました。(2016.02.18)

http://hdl.handle.net/10130/3937
posted by irucaa at 12:03| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子カルテを活用した千葉県共用がん地域医療連携パスの運用状況と課題

いるかです。

電子カルテを活用した千葉県共用がん地域医療連携パスの運用状況と課題(会議録)
正木 史明(東京歯科大学附属市川総合病院 医療情報システム管理課), 大塚 光宏, 松井 淳一
医療情報学連合大会論文集 (1347-8508)32回 Page1122-1124(2012.11)

転載申請書にて学会に許諾をいただきました。

公開しました。(2016.02.18)

http://hdl.handle.net/10130/3936
posted by irucaa at 12:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

Biocompatibility of a titanium dioxide-coating method for denture base acrylic resin.

いるかです。

Gerodontology. 2015 Jul 30. doi: 10.1111/ger.12204. [Epub ahead of print]
Biocompatibility of a titanium dioxide-coating method for denture base acrylic resin.
Tsuji M, Ueda T, Sawaki K, Kawaguchi M, Sakurai K.
PMID: 26223290 [PubMed - as supplied by publisher]

http://olabout.wiley.com/WileyCDA/Section/id-820227.html

12ヶ月のエンバーゴが設定されています。

巻号付与後から12か月後に登録します。(2016.02.05)
posted by irucaa at 10:36| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

Color and gloss evaluation of titanium dioxide coating for acrylic resin denture base

いるかです。

Color and gloss evaluation of titanium dioxide coating for acrylic resin denture base.
Mori K, Tsuji M, Ueda T, Sakurai K.
J Prosthodont Res. 2015 Oct;59(4):249-53. doi: 10.1016/j.jpor.2015.06.001. Epub 2015 Jul 23.
PMID: 26211703

エンバーゴが設定されています。

https://www.elsevier.com/__data/assets/pdf_file/0011/78473/EmbargoPeriods_2.pdf

2016年10月頃に登録します。(2016.02.04)
posted by irucaa at 12:27| エンバーゴ中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Luting of CAD/CAM ceramic inlay: Direct composite versus dual-cured luting composite

いるかです。

Kameyama A, Bonroy K, Elsen C, Lührs A-K, Suyama Y, Peumans M, Van Meerbeek B, De Munck J.
Luting of CAD/CAM ceramic inlay: Direct composite versus dual-cured luting composite.
Bio-Medical Materials and Engineering, 27(3), 279-288, 2015.
DOI: 10.3233/BME-151274

http://www.iospress.nl/service/authors/author-copyright-agreement/

You are free to use the manuscript version of your article for internal, educational or other purposes of your own institution, company or funding agency;

著者版原稿を提供していただきました。(2015.07.24)

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3932

公開しました。(2016.02.04)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

標準歯科マスタを使用した医科歯科共存型電子カルテシステムの構築について

標準歯科マスタを使用した医科歯科共存型電子カルテシステムの構築について
第30回医療情報学連合大会
 第11回日本医療情報学会学術大会
 平成22年11月18日(木)〜21日(日)
正木史明(東京歯科大学市川総合病院医療情報システム管理課)

出版社版、著者版原稿を提供していただきました。(2010.12.15)

・機関リポジトリへの登録を許諾する
・登録するファイルはホームページ掲載のPDFファイル
・登録・公開する時期はいつでも良い
・登録希望論文ごとの許諾が必要

転載申請書の提出が必要な旨、学会事務局より回答いただきました。

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/handle/10130/3933

登録しました。(2016.02.04)
posted by irucaa at 00:00| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

The Comparison between Single vs Repeated Administration of Wnt3A of HPDL Cells

いるかです。

The Comparison between Single vs Repeated Administration of Wnt3A of HPDL Cells(和訳中)(英語)
Yoshizawa Yuusei(Department of Endodontics and Clinical Cariologr, Tokyo Dental College), Ochiai-Shino Hiromi, Tsukinowa Takashi, Onodera Shoko, Muramatsu Takashi, Furusawa Masahiro, Azuma Toshifumi
Journal of Hard Tissue Biology(1341-7649)24巻4号 Page331-339(2015.10)

出版社版の登録について学会より下記内容で許諾をいただいております。

http://irucaa.seesaa.net/article/432551499.html

公開しました。(2016.02.03)

http://hdl.handle.net/10130/3930
posted by irucaa at 12:41| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

Effect of Locally Applied Fluvastatin in Low-turnover Osteoporosis Model Mouse with Femur Bone Defect

いるかです。

大腿骨欠損を有する低代謝回転型骨粗鬆症モデルマウスにおけるフルバスタチン局所投与の作用(Effect of Locally Applied Fluvastatin in Low-turnover Osteoporosis Model Mouse with Femur Bone Defect)(英語)
Ohira Takashi(Department of Oral and Maxillofacial Implantology, Tokyo Dental College), Tanabe Koji, Sasaki Hodaka, Yoshinari Masao, Yajima Yasutomo
Journal of Hard Tissue Biology(1341-7649)24巻2号 Page147-154(2015.04)

出版社版の登録について学会より下記内容で許諾をいただいております。

http://irucaa.seesaa.net/article/432551499.html

公開しました。(2016.02.01)

http://hdl.handle.net/10130/3929
posted by irucaa at 18:14| 公開中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする